• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


児童手当

児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな
成長に資することを目的に支給されます。
 

支給対象

三次市に住民登録があり、中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)のお子さんを養育している方に支給します。

  • 父も母も児童を養育している場合には、生計を維持する程度の高い方(一般的には所得の高い方)が申請者となります。
  • 公務員の方は原則、勤務先からの支給となりますので、勤務先にお問い合わせください。
  • 外国人の方は、受給者と児童がいずれも住民登録がある場合、申請できます。
  • 児童が児童福祉施設などに入所、里親に委託されている場合は、児童の父母は手当を支給することができません。(施設設置者が受給者となります)

対象児童 日本国内に居住している中学校修了前の児童

海外に居住する児童は、留学中の場合を除き、手当の支給対象となりません。
児童福祉施設等に入所(2カ月以内の短期入所や一時保護の場合を除く)している児童や、里親に委託(2カ月以内の短期委託を除く)されている児童は手当の支給対象となりません。



所得制限・支給額

所得が限度額以上の場合は、児童(中学生以下)1人につき5千円(月額)が支給されます。(特例給付)
限度額未満の場合の支給額は、下表の手当月額のとおりです。

所得制限限度額

所得制限限度額
扶養親族等の数
所得額
収入額(給与所得者の目安)
0人
622.0万円
833.3万円
1人
660.0万円
875.6万円
2人
698.0万円
917.8万円
3人
736.0万円
960.0万円
4人
774.0万円
1,002.1万円
5人
812.0万円
1,042.1万円

扶養親族等が6人以上の場合は、1人につき38万円を加算(所得額ベース)


手当月額

年齢
支給額(月額)
0歳~3歳未満
15,000円(一律)
3歳~小学校終了前
第1子、第2子:10,000円
 第3子以降:15,000円(注)
中学生
10,000円(一律)
所得制限を超える場合
(0歳~中学生)
5,000円(一律)

(注)第何子目かは、18歳の誕生日後最初の3月31日までの間にある児童を含めて数えます。 


支給(予定)日

児童手当は、年3回、2月(10月~1月分)6月(2月~5月分)10月(6月~9月分)に分けて、4カ月分ずつ支給します。
支給日は、10日です。※土日祝日の場合は、直前の平日となります。



新規で申請手続き(認定請求)が必要なとき

出生・転入等の場合、児童手当を受けるためには、申請が必要です。

  • 初めてお子さんがお生まれになった方
  • 三次市に転入し、中学校修了前の児童を養育している方

支給開始日

申請をされると、申請の翌月分から支給が始まります。

  • 申請が遅れると、さかのぼって支給されませんので、お早めに申請してください。
  • 出生日または転入日の翌日から15日以内に申請をすれば、出生月(転入月)の翌月分から手当が支給されます。

ご注意ください

転入、出生については、転出予定日・出生日の翌日から数えて15日以内に、必ず申請を行ってください。申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けることができません。



申請に必要なもの

  • 児童手当認定請求書 (139kbyte)pdf(A4版横 表裏印刷用です)
  • 保護者(請求者)本人の健康保険証(または写し)
  • 保護者(請求者)名義の金融機関の預金通帳
  • 印鑑
  • 申請者及び配偶者の個人番号が確認できるもの(マイナンバーカード・通知カードなど)
  • 本人確認できるもの(マイナンバーカード・運転免許証など)
  • その他(児童と別居されている方)
    別居監護申立書(64kbyte)
    pdf
    児童の個人番号が確認できるもの(マイナンバーカード・通知カードなど)


 現況届

毎年6月1日に児童手当は年度が切り替わります。
年度更新の手続きに「現況届」の提出が必要となります。
この現況届の提出により、手当を引き続き受給する資格(児童の養育や保護、生計が同一かどうかなど)があるかどうかを審査します。
対象の方(5月までに認定された方)には、6月上旬に現況届の用紙をご自宅に郵送しますので、期日までに必ずご提出ください。
現況届の提出がない場合、6月分以降の手当を支払うことができませんので、ご注意ください。また、現況届の提出が遅れますと支払が受けられなくなる場合がありますので、お早めにご提出ください



その他届け出が必要になる場合

次のような場合は、届出が必要となりますので、事由が発生した翌日から数えて15日以内に申請してください。

  • 出生などにより、監護する児童が増えたとき
  • 児童が児童福祉施設等に入退所したとき・児童が里親にあずけられたとき
  • 受給者が公務員になったとき
  • 離婚等により、子どもを養育しなくなったとき
  • 受給者と子どもが別居するようになったとき
  • 受給者や子どもが亡くなったとき
  • 受給者が生計の中心者でなくなったとき(受給者の配偶者の方が所得が多くなったときなど)
  • 振込先の口座を変更したいとき。支払日の1カ月前までに届け出をしてください。(ただし、受給者の配偶者や子ども自身の口座への変更はできません。)
  • 受給者が三次市外へ転出したとき(転出先で新たに申請が必要になります。)
お問い合わせ
部署名: 子育て支援部 子育て支援課 育児支援係
電話番号: 0824-62-6148
FAX番号: 0824-62-6300
E-mail: ikuji@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.