• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


更新日: 2021年6月14日

新型コロナウイルスワクチンの接種について



新型コロナワクチンの供給状況

高齢者(65歳以上)に接種可能なワクチンの供給状況は以下のとおりです。
ワクチン到着日     接種可能回数累計
2021年4月17日(土)975回分975回分
2021年5月  1日(土)975回分1,950回分
2021年5月  5日(水)1,950回分3,900回分
2021年5月21日(金)7,020回分10,920回分
2021年6月  6日(日)8,190回分19,110回分
2021年6月 20日 (日)9,360回分28,470回分
2021年6月 24日(木)11,700回分40,170回分

新型コロナワクチンの接種実績

1.65歳以上(昭和32年4月1日以前に生まれた人)の接種率は、令和3年6月3日時点18,939人から算出
2.高齢者施設等従事者の接種率は、対象者1,738人から算出

      対象者    1回目(接種率)        2回目(接種率)
1.65歳以上
(昭和32年4月1日以前に生まれた人)        
10,023人(53.0%)2,682人(14.2%)
2.高齢者施設等従事者1,025人(59.0%)199人(11.4%)

3.医療従事者の接種率は、対象者2,544人から算出
対象者1回目(接種率)2回目(接種率)
3.医療従事者2,485人(97.7%)2,194人(86.2%)
※医療従事者のワクチンについては医療従事者用ワクチンを使用しております。
※令和3年6月14日午前11時現在 接種医療機関からの実績報告による。

三次市での新型コロナワクチン接種について

現在、全国で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進められています。三次市においても、国が示すスケジュールに則り、65歳以上の高齢者からワクチンの接種を開始しています。
ワクチンについての詳細は、厚生労働省ホームページをご覧ください。

新型コロナワクチンの接種は、市民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

三次市でのワクチン接種は、個別接種による「三次方式」で行います。
「新型コロナワクチン接種」が始まります【令和3年3月19日】

新型コロナワクチンについてよくある質問と回答をまとめました。

接種のことでご不明なことがありましたら、まずは下記サイトをご確認ください。
新型コロナワクチンについてのQ&A(三次市ホームページ)
 新型コロナワクチンQ&A特設サイト(厚生労働省ホームページ)

副反応の状況について


医療従事者の副反応の発生状況について(市立三次中央病院)【4月20日時点】
新型コロナワクチンの投与開始初期の重点的調査(コホート調査)【厚生労働省ホームページより】

対象者

原則、三次市の住民基本台帳に登録のある16歳以上の方

接種スケジュール(予定)

国が示したスケジュールでは、医療従事者等に続き、重症化リスクの高い方から接種を開始する予定となっています。一定期間をあけて2回接種が必要です。

対象者接種券
発送時期
接種時期
1.65歳以上(昭和32年4月1日以前に生まれた人)3月29日(月)4月19日より順次開始
2.基礎疾患のある方6月下旬7月から順次開始
3.高齢者施設等の従事者
4.60~64歳の方
5.上記以外の方
(※接種対象者は、原則として,12歳以上の方です。)
※3月29日(月)以降に三次市へ転入された方は、接種の際、三次市の接種券が必要になります。健康推進課にて発行いたします。前住所地で発行された接種券・接種済証をご持参の上、健康推進課窓口にてお越しください。

接種場所

指定の医療機関等で行います。
上記チラシの「新型コロナワクチン接種が始まります」に記載しております接種医療機関をご確認ください。
※掲載のない医療機関でも接種できる場合があります。

各医療機関の空状況については「コロナワクチンナビ」よりご確認ください。
コロナワクチンナビ(厚生労働省ホームページ)

接種費用

新型コロナワクチンは2回とも無料で接種できます。

接種のまでの流れ

事前に予約が必要となります。予約方法は決定次第お知らせします。
STEP1接種券と予診票が自宅に届く
          
STEP2希望する市内医療機関に電話などで予約する
          
STEP3予約した医療機関を受診する
     お持ちいただくもの:接種券、予診票、本人確認できるもの(健康保険証等)
          
STEP4接種後、15~30分程度、院内で体調を確認する
          
STEP521日の間隔をあけて2回目の接種を行う

【広島県新型コロナワクチン接種相談コールセンターが開設されます】

相談窓口では、ワクチンの知識に関する専門的な相談と一般的なお問い合わせ等、様々な相談に対応しています。 
  電話番号:082-513-2847(24時間・土日祝日対応)

 
【広島県新型コロナウイルスワクチン接種FAX相談窓口】
広島県では、聴覚に障害のある方など、電話での相談が難しい方の新型コロナウイルスのワクチン接種に関する不安を解消するため、FAX窓口を設置されています。
 FAX番号:082-211-3006(広島県薬務課)
※FAXはいつでも可能ですが、回答に数日要することもありますので、ご了承ください
※ご相談に的確に回答できるよう、相談に当たっては、次のFAX用紙をご利用ください。
 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種FAX相談票(広島県) 
※ご自宅にFAXがない等は、県ホームページの「薬務課お問い合わせフォーム」を利用して、メールにより相談することもできます。
※「障害のある方の新型コロナウイルスワクチン接種に関する相談窓口について」(広島県ホームページ)

※健康推進課においてもFAX相談を受け付けています。
 回答までにお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
   新型コロナウイルスワクチンに係るFAX相談票  (FAX番号0824-62-6382)
  FAX相談票三次市版(Wordファイル)
  FAX相談票三次市版(PDFファイル)

  
「予診票」(厚生労働省ホームページより)

 
「新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社用)」(厚生労働省ホームページより)


 
「新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと」
(首相官邸ホームページより)


 
「血液をサラサラにする薬を飲んでいる方へ」
(厚生労働省ホームページより)


 
「接種後の注意点(ファイザー社のワクチン版)」
(厚生労働省ホームページより)


外国人(がいこくじん)の方(かた)へ

「注射(ちゅうしゃ)の予診票(よしんひょう)、説明書(せつめいしょ)、お知らせ(おしらせ)」(厚生労働省(こうせいろうどうしょう)ホームページより)
「What You Need to Know about COVID-19 Vaccines」

療育手帳(りょういくてちょう)がある方(かた)へ

接種(せっしゅ)のお知らせ(おしらせ)

関連リンク
 新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)
 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)
 新型コロナワクチン接種について(広島県ホームページ)






お問い合わせ
部署: 福祉保健部 健康推進課 健康企画係
電話番号: 0824-62-6232
FAX番号: 0824-62-6382
E-mail: kenko@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.