• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


三次市汚水適正処理構想について

 三次市の汚水処理施設の整備については、平成16年の合併前の各市町村が進めた事業を継承した「新市まちづくり計画」に沿って進めてまいりました。
 「三次市汚水適正処理構想(以下「構想」という。)」は、市勢の中長期的展望の視点から、同一の基準により事業見直しを行い、今後の汚水処理に係る事業の展開を図ろうとするものです。

1 見直しの基準及び方法
(1) 公共下水道や農業集落排水(以下「公共下水道等」という。)による集合処理が完了していない区域のうち、一定戸数の家屋が集合し、集落を形成している区域を「検討単位区域」として選定します。

(2) この「検討単位区域」それぞれについて、今後、汚水処理施設の整備を進める方法として、次の3ケースの事業費を算定します。
 a.その区域単独で処理場を含めて整備する【単独集合処理】
 b.近接する整備済の集合処理区域に接続する【集合処理接続】
 c.その区域全戸を合併処理浄化槽で整備する【個別処理】

(3) 上記3ケースの事業費を比較し、最も経済的である手法を検討単位区域の汚水処理施設の整備手法に決定します。

2 見直し結果
(1) 検討単位区域81区域のうち、【集合処理接続】が有利と判定した区域が10区域、【個別処理】が有利との判定は、71区域です。

(2) 公共下水道等の集合処理により汚水処理施設の整備を進める区域の人口は、平成20年度末現在で、約39千人(66%)、個別処理による区域の人口は約20千人(34%)です。

(3) 公共下水道の事業計画では、三良坂処理区及び甲奴処理区の一部の事業が休止になります。

3 構想のめざすもの
(1) これまで個別に進めてきた汚水処理施設整備を同一の基準で見直すことにより、地域間の格差を是正します。

(2) 事業の優先度を明らかにすることにより、事業の計画的な展開を図ります。

(3) 合併浄化槽による汚水処理施設整備を推進し、河川水質の保全のみならず、早期の改善を図ることができます。

4 構想の位置づけ等
(1) 構想は、中長期的な汚水処理施設整備の指針とします。
(2) 情勢の変化に応じて、適宜見直しを進めます。

三次市汚水適正処理構想


下水道基本構想説明書
PDFファイル (PDF6,757KB)
(資料編)
PDFファイル (PDF 5,094KB)

三次市汚水適正処理構想図


三次市内全域図
PDFファイル (PDF 716KB)
三次処理区図
PDFファイル (PDF 1,250KB)


お問い合わせ

部署名: 水道局 下水道課 管理係
電話番号: 0824-62-6151
FAX番号: 0824-62-6356
E-mail: gesuidou@city.miyoshi.hiroshima.jp
君田支所 0824-53-2112
布野支所 0824-54-2112
作木支所 0824-55-2112
吉舎支所 0824-43-3112
三良坂支所 0824-44-4511
三和支所 0824-52-3114
甲奴支所 0847-67-2122

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.