• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


「認知症」早めに気づいて 相談を!

三次市ではタッチパネルによる「物忘れ健診」の実施や、認知症初期集中支援チームの設置等により、認知症の早期発見・早期対応に取り組んでいます。

認知症は、誰でもかかる可能性がある脳の病気で、65歳以上の4人に1人が認知症またはその予備軍といわれています。
しかしながら、早く気づいて適切な対応や治療を行うことで、病状が改善され、進行を緩やかにすることができます。早期発見のために、認知症のチェックをしてみませんか。

認知症簡易チェックサイト


認知症簡易チェックサイトには、「これって認知症?」「わたしも認知症?」の2つのサイトがあり、パソコンや携帯電話、スマートフォンで簡単に認知症チェックができます。
①「これって認知症?(ご家族・介護者向け)」では、身近な人の状態がチェックできます。
②「わたしも認知症?(本人向け)」では、ご自身の状態をチェックできます。

チェック終了後は、簡易的な結果とあわせて相談先が表示されます。

認知症簡易チェックサイトのご利用にあたって


利用料は無料(通信料は自己負担)
※個人情報の入力は一切不要です。
このチェックサイトは医学的診断をするものではありません。結果に関わらず、心配のある方は早めにご相談ください。

パソコンのかたはこちらをクリック

携帯電話・スマートフォンでQRコード対応の機種をお持ちの方は、次のQRコードからアクセスしてください。



 
◆オレンジドクター、オレンジアドバイザー、認知症の人と家族の会等の相談窓口はこちらをクリック


お問い合わせ
部署: 福祉保健部 高齢者福祉課 高齢者福祉係
電話番号: 0824-62-6145
FAX番号: 0824-62-6285
E-mail: koureisha@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.