• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


おむつ代の医療費控除について

 要介護認定を受けられてる方が、傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合、医師が必要と認めたおむつ代については、確定申告・住民税申告をされる際、医療費控除を受けることができます。

医療費控除を受けるための手続き

・初めての方:医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要になります。
・2年目以降:介護保険の要介護認定を受けている方については、医師が発行した「おむつ使用証明書」のかわりに「市が主治医意見書の内容を確認した書類」でもよいとされています。
※市が証明書を交付できる方は、一定の条件を満たしている必要があります。希望される方は、あらかじめ高齢者福祉課介護保険係、各支所へご相談ください。
                                                           

市が作成する証明書を希望する場合

対象となる方…以下のすべての条件に該当する方
➀おむつ代の医療費控除の申請が2年目以降であること
➁要介護認定に係る主治医意見書の以下のすべての内容が確認できること
・意見書作成日が当該年であること
・「寝たきり度」が「B1、B2」または「C1、C2」であること
・「尿失禁の発生可能性」が「あり」であること
※なお、要介護認定有効期間が13か月以上の方で、当該年に意見書が作成されていない場合は、前年又は、前々年の主治医意見書の項目で判断します。

申請に必要なもの

介護保険被保険者証

お問い合わせ
部署名: 福祉保健部 高齢者福祉課 介護保険係
電話番号: 0824-62-6387
FAX番号: 0824-62-6285
E-mail: koureisha@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.