• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


延滞金・還付加算金の割合について

税金を納期限内までに納めていただいた人との公平性を保つため、納期限までに納めていただけなかった場合に、納期限の翌日から納付の日までの日数に応じて、条例に定められた割合で計算し、本来納めていただくべき納付額のほかに延滞金も合わせて納めていただくことになります。
延滞金は、納期限の翌日から納付する日までの期間の日数に応じて計算します。
令和2年中の延滞金の割合は下記のとおりとなります。

延滞金の割合

令和2年1月1日から令和2年12月31日まで
期間

本則

現行の特例

延滞金の割合

納期限の翌日から1ヵ月を経過する日までの期間

7.3%

令和2年中の割合      (特例基準割合(1.6%)+1.0%)

2.6%

納期限の翌日から1ヵ月を経過した日以降の期間

14.6%

令和2年中の割合      (特例基準割合(1.6%)+7.3%)

8.9%

注)特例基準割合とは、租税特別措置法第93条第2項の規定により告示された割合に、年1%を加算した割合をいいます。
令和2年の租税特別措置法第93条第2項の規定により告示された割合は0.6%であるため、それに1%を加算した割合の1.6%となります。

還付加算金の割合について

税金の納め過ぎがあった場合、条例に定められた割合で、過誤納金に加算してお支払いするものです。
還付加算金は、還付までの期間に応じて還付額の一定の割合を乗じて計算します。

還付加算金について

本則

7.3%

特例措置

各年の特例基準割合


延滞金・還付加算金の割合(利率)の推移について 

期間

 

特例基準割合

 

納期限の翌日から1ヵ月を経過する日までの延滞金

納期限の翌日から1ヵ月を経過した日以降の延滞金

還付
加算金

 

平成2211日から   平成251231

4.3%


4.3%

 

14.6%
 
4.3%

 

平成2611日から
平成261231

1.9%
 

2.9%



9.2%

 

1.9%

 

平成2711日から
平成281231

1.8%


2.8%

 

9.1%

 
1.8%

 

平成2911日から
平成291231

1.7%

 

2.7%

 

9.0%

 

1.7%

 

平成3011日から
令和21231

1.6%

 

2.6%

 

8.9%

 

1.6%

 


対象となる主な市の債権

・市県民税
・固定資産税
・軽自動車税(種別割)
・国民健康保険税
・介護保険料
・後期高齢者医療保険料
・農業集落排水事業受益者分担金
・保育利用料(保育料)など
 
お問い合わせは、それぞれの債権担当課にお願いします。

お問い合わせ
部署名: 市民部 収納課 収納係
電話番号: 0824-62-6127
FAX番号: 0824-62-6352
E-mail: shunou@city.miyoshi.hiroshima.jp








PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.