• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


三次ってこんなとこ


三次市は広島県の北東部、中国地方のほぼ中央に位置し、四季折々の豊かな自然に恵まれ、奥深い歴史と文化が息づく山紫水明の町です。
また、充実した商業施設、文化施設を有しており、教育や福祉・医療など、安心して暮らせる生活環境に恵まれた町です。


 

三次市のまちづくり ★企業のみなさまに知っていただきたい本市の主な施策★

 本市の未来を担う子どもたちのために
 
子育て支援◇乳幼児から中学校3年生まで医療費を助成しています。
  医療費(一部負担金)1医療機関あたり:入院 500円(月14日)、通院 500円(月 4日)
◇24時間365日小児救急診察(市立三次中央病院)
教育◇教育市採用教員を配置し、25人程度の少人数学級(小学校)、習熟度別授業(中学校)などきめ細やかな教育活動を推進しています。

 働くおとうさん、おかあさんのために
 一部の保育所では、最長午後8時30分までの延長保育を実施しています。
 今後は、日曜日・祝日の休日保育、ゼロ歳児保育や一時預かり、特定保育を実施する予定です。

 将来にわたって安心して生活できるために
 地域の中核病院である市立三次中央病院の医療機器・施設整備の拡充を図り、安心して医療が受けられる環境づくりを推進しています。
 入院患者数と看護師の割合を10対1から7対1とするより質の高い看護サービスの実現をめざし改革を進めています。


三次のいろいろ

 

霧の海奥田元宋・小由女美術館
霧の海写真
四方を山々にかこまれ、三つの川が巴に織り成す三次盆地には、秋から早春にかけて朝早くから川霧が立ちこめ「霧の海」を見ることができます。山々の頂きが大海に浮かぶ島に似ていて千変万化する様子は、幻想的で神秘的な美しさを造り出します。
美術館写真
三次市出身の奥田元宋と、夫人の小由女の作品を展示してあります。日本で一番月がきれいに見える美術館として、満月の夜にはミニコンサート等が催されます。
■みよし運動公園■みよし運動公園(きんさいスタジアム)
運動公園写真
プロ野球公式戦も開催されるスタジアムや、全天候型テニスコート、陸上競技場、芝生広場、子どもの広場などを完備した総合運動公園です。
きんさいスタジアム写真
安全性、透水性に優れた全面人工芝の美しいフィールドと開放的な天然芝の外野スタンドを備え、プロ野球公式戦も開催されています。
■広島三次ワイナリー■鵜飼
ワイナリー写真
専用のブドウ園を持つワイナリーです。物産館やバーベキューガーデンがお勧め。春と秋にはワイン祭りが開催され、多くの人でにぎわいます。
鵜飼写真
440有余年の伝統が脈々と受け継がれてきた夏の風物詩。中国四川省から贈られた白い鵜が鮎を追います。
■君田温泉森の泉■みよし市民納涼花火まつり
君田温泉写真
肌をすべすべにする重曹泉で「美人の湯」として人気があります。仕事の疲れを癒してくれる道の駅です。
花火まつり写真
1万発を超える中国地方屈指の花火大会として高い人気です。ライトアップされた巴橋の下を屋形船がとおり、情緒たっぷり。
■江の川カヌー公園さくぎ■市立三次中央病院
カヌー公園さくぎ写真
清流江の川で、とろ場や急流、レベルに応じたカヌーコースがあります。オートキャンプ場や水遊びゾーンなどを備え、大自然を満喫できる施設です。
市立三次中央病院写真
救急・高度医療を充実し、安心・安全な医療を提供します。

◆病床数:350床
◆診療科:19科
◆医師数:61人
■広島県立みよし風土記の丘■中村憲吉記念文芸館
風土記の丘写真
広い園内に古代住居や古民家が復元され、歴史散策に最適です。併設する資料館には県内の原始・古代に関する資料が多く展示されています。
中村憲吉記念文芸館写真
布野で誕生したアララギ派歌人中村憲吉の遺墨・遺品や書籍などを展示しています。斎藤茂吉や土屋文明をもてなした客殿も当時のたたずまいを残しています。


お問い合わせ
部署名: 産業振興部 商工観光課 企業誘致係
電話番号: 0824-62-6621
FAX番号: 0824-64-0172
E-mail: shoukou@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.