• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


その他のサービス(令和2年度)


土曜日午後保育
延長保育
休日保育
一時預かり
病後児保育室おひさま


土曜日午後保育

愛光・十日市・東光・和田・粟屋・酒屋・三良坂・布野・みわ・神杉・吉舎保育所、私立保育園及び認定こども園で実施します。
土曜日午後保育(土曜日の13時以降の保育)を利用する場合は、各保育施設等に申込みが必要です。
※利用を希望される方は入所承諾後に各園にお問合わせください。
※令和元年12月1日現在の状況です。今後の動向により変更になる場合があります。


申し込みの条件

保護者のいずれもが、土曜日に勤務している等により保育できない事情がある場合。
土曜日勤務用の勤務証明書が必要。



延長保育

閉所後1時間の延長保育(有料)は愛光、十日市、東光、酒屋、布野、三良坂保育所、私立保育園及び認定こども園で実施しています。
利用されるには、各保育施設等に申込みが必要です。


申し込みの条件

保護者のいずれもが、閉所時間後または認定時間外に勤務している等により保育できない事情がある場合。


延長保育の種別 実施保育所 利用料金
18時30分~19時30分の延長保育愛光、十日市、酒屋、布野、三良坂日額200円
18時30分~20時30分の延長保育東光日額200円
認定された利用時間から外れた時間の延長保育
(例)保育短時間認定の方が16時30分~18時30分の間の保育を利用した場合
全公立保育所日額100円

※手続きの詳細は、愛光、十日市、東光、酒屋、布野、三良坂保育所および私立保育園は入所承諾後に各園にお問い合わせください。
※私立保育園の延長保育料については、各園にお問い合わせください。


保育の必要量(保育施設等を利用できる時間)
保育の必要量
認定の種類 保育必要量 認定例
標準時間認定1日最大11時間

(例)開所時間7時30分~18時30分
7時30分~18時30分 保育標準時間利用
18時30分~19時30分 延長保育
  • 両親ともにフルタイムで就労する場合又はそれに近い場合。(月あたり120時間以上就労)
  • 父親が就労し、母親が妊娠・出産する場合。
  • ひとり親世帯で、保護者がフルタイムで就労する場合又はそれに近い場合。
短時間認定1日最大8時間

(例)開所時間7時30分~18時30分
7時30分~8時30分 延長保育
8時30分~16時30分 保育短時間利用
16時30分~18時30分 延長保育
18時30分~19時30分 延長保育
  • 両親のいずれかがパート勤務する場合又はそれに近い場合。(月あたり120時間未満就労)
  • 両親の1人が就労、1人が求職活動をしている場合。
  • 就労のため入所後、出産し育児休業中である場合。
  • ひとり親世帯で、保護者がパート勤務する場合又はそれに近い場合。
※以下の画像は削除する


休日保育

東光保育所で実施しています。
休日保育を利用されるには、前月20日までに別途休日保育申込書による申込みが必要です。
休日保育は保育施設等一覧の保育施設等に入所している方であれば、ご利用いただけます。


利用時間

8時30分~17時15分
※保育所行事などの諸事情のため、保育が行えない場合があります。

利用料金

区分
日額
一時間当たり
延長保育
3歳未満児
3,200円
500円
200円
3歳以上児
2,500円
500円
200円

※詳しくは、子育て支援課または東光保育所へお問い合わせください。


申込書

休日保育利用申込書 PDFファイル (68kbyte)pdf
休日保育利用申込書 Wordファイル (18kbyte)doc
休日保育在職証明書 PDFファイル (55kbyte)pdf
休日保育在職証明書 Wordファイル (17kbyte)doc
※Wordファイルは一旦パソコンに保存してからご利用ください。


一時預かり

保育施設等に入所していなくても、次のような理由で育児に困ったとき、一時預かりのサービスを受けることができます。

  1. 保護者の方の勤務形態等により家庭における育児が継続的に困難となり、一時的に保育が必要となるとき
  2. 保護者の方の傷病・入院等により、緊急・一時的に保育が必要となるとき
  3. 保護者の育児疲れ解消等の私的な理由やその他の事由により一時的に保育が必要となるとき

酒屋、三良坂、みわ、こうぬ、東光保育所、子供の城保育園及び認定みゆきこども園で実施しています。
利用する場合は各園にお問い合わせください。


利用料金

区分
保育所ごとの上限
月額
保育所ごとの上限
日額
保育所ごとの上限
一時間当たり
3歳未満児
42,000円
3,200円
500円
3歳以上児
32,000円
2,500円
500円

※子供の城保育園及び認定みゆきこども園については、直接お問い合わせください。


病後児保育室おひさま

子どもが病気の回復期にあって集団保育が困難な時期に、保護者が就労、冠婚葬祭、病気等の理由で家庭において保育できない場合、一時的に子どもを預かり保護者の子育てを支援します。

事前に登録が必要です。利用の際は、かかりつけ医師による医師連絡票が必要です。
(病児保育の医師連絡票は、私立三次中央病院小児科・市内小児科医師・作木診療医師・甲奴診療所医師が記入したものに限ります。)

施設名 病後児保育室「おひさま」病児・病後児保育室「すくすく」
場所 三次市酒屋保育所施設内
三次市東酒屋町579番地
私立三次中央病院内
三次市東酒屋町10531番地
開設日時 月曜日~土曜日
8時~18時
月曜日~金曜日
8時~18時
対象年齢 生後6ヶ月~小学校6年生生後6ヶ月~小学校6年生
症状 病気の回復期病気の回復期または回復期に至らない場合
利用料 1日2,000円(減免制度あり)1日2,000円(減免制度あり)
休日 日曜日、祝日、年末年始
(12月29日~1月3日)
土曜日、日曜日、祝日、年末年始
(12月29日~1月3日)
電話予約 0824-64-07380824-63-2181

おひさまパンフレット (360kbyte)pdf
利用登録申請書  (71kbyte)pdf
利用申請書  (102kbyte)pdf 
医師連絡票  (126kbyte)pdf 


病児・病後児保育室「すくすく」



お問い合わせ
部署名: 子育て支援部 子育て支援課 保育係
電話番号: 0824-62-6147
FAX番号: 0824-62-6300
E-mail: kosodate@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.