• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


自転車の安全利用について

自転車も交通ルール・交通マナーを守りましょう

便利、手軽、健康的、経済的、そして、環境に優しい乗り物として自転車が注目されています。
自転車は道路交通法上の「軽車両」であり、安全に利用するためには、自動車の運転と同様に交通ルール・交通マナーを守る必要があります。
特に「自転車安全利用5則」を守って安全に自転車を利用しましょう。

自転車安全利用5則

1.自転車は車道が原則、歩道は例外です
(例外:「自転車歩道通行可」の標識や道路標示で指定されている場合、運転者が13歳未満の子ども・70歳以上の高齢者・身体の不自由な方の場合、車道や交通の状況からやむを得ない場合)
2.車道は左側を通行しましょう
3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行しましょう
歩行者が多いときは自転車を押して歩きましょう。
4.安全ルールを守りましょう
飲酒運転、二人乗り(幼児同乗用自転車に幼児を同乗させる場合を除く。)、並進、傘さし運転はやめましょう。夜間はライトを点灯しましょう。
5.子どもはヘルメットを着用しましょう

自転車による「妨害運転(あおり運転)」は違反です

令和2年6月の道路交通法改正により、自転車による「妨害運転(あおり運転)」にも罰則が設けられました。
「妨害運転」とは、自転車によって自動車やバイク、他の自転車の通行を妨げる目的で行う次の7つの行為のことをいいます。
① 逆走して進路をふさぐ
② 幅寄せ
③ 進路変更
④ 不必要な急ブレーキ
⑤ ベルをしつこく鳴らす
⑥ 車間距離の不保持
⑦ 追い越し違反

※自転車運転者が「妨害運転」を始めとする危険行為を3年以内に2回以上繰り返すと、都道府県公安委員会から、自転車運転者講習の受講を命じられます。
この受講命令に違反すると、5万円以下の罰金が科せられます。

自転車運転者講習の対象となる15の危険行為については、こちらをご確認ください。
自転車運転者講習の対象となる危険行為 (2,819kbyte)pdf

自転車保険に加入しましょう

自転車利用者のルール違反等によって、自転車が加害者となる交通事故が全国的に多発しています。
万が一に備えて、自転車保険(傷害保険・賠償責任保険)に加入しましょう。
※  自転車保険には様々な種類があり、それぞれ補償内容が異なります。加入の際は、補償内容をよく確認してください。

TSマークについて

「TS」とは「Traffic Safety(交通安全)」の頭文字です。
TSマークは、自転車安全整備店で自転車の点検・整備をすることにより加入できる自転車保険です。
※  TSマークの保険有効期間は1年間です。1年に1回、自転車の点検・整備を受ける必要があります。
TSマークを運営する「公益財団法人 日本交通管理技術協会」のホームページで、詳しい補償内容やお近くの自転車安全整備店を確認することができます。

公益財団法人 日本交通管理技術協会「TSマーク」ホームページ  
TSマーク

自転車の安全点検「ブタはしゃべる」

自転車に乗る前には、必ず安全点検をしましょう。
下り坂でブレーキが利かずに事故にあうケースもあります。
自転車の安全点検のポイントは「ブタはしゃべる」とおぼえてください。

□ブブレーキは、前後ともよく利きますか。
□タタイヤの空気は入っていますか。
□ハ反射板は付いていますか。汚れていませんか。
□シャ車体(ハンドル、サドル、フレーム)は曲がっていませんか。チェーンはゆるんでいませんか。
□ベルベルはよく鳴りますか。

三次市自転車の安全利用に関する条例

三次市では市民一人ひとりに自転車の安全利用についての理解を深めてもらい、思いやりとゆずりあいによる、安全安心な三次市を実現するため、平成27年9月に「三次市自転車の安全利用に関する条例」を制定し、平成28年1月1日から施行しています。
※  三次市は広島県内で唯一「自転車の安全利用に関する条例」を制定している市町です。(令和2年11月末現在)

三次市自転車の安全利用に関する条例 (156kbyte)pdf


お問い合わせ
部署: 危機管理監 危機管理課 危機管理係
電話番号: 0824-62-6116
FAX番号: 0824-62-2951
E-mail: kikikanri@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.