• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


平成20年度三次市実施計画

このたび、向こう3年間の行政運営の指標とする「平成20年度三次市実施計画」を策定しました。


平成20年度三次市実施計画(計画期間:平成21〜23年度)【PDFファイルのダウンロードPDF404KB】



1 計画の趣旨

急速な少子・高齢社会への進展、地球規模での災害の発生や環境問題など、私たちを取り巻く社会・経済環境は大きく変化しています。
このような状況の中、市民の皆さんにとりまして、今まさに一番急がなければならないことは、「市民参加型」の市政、生活に密着した「生活優先」の市政の実現です。

現在、本市では将来の三次市民に夢の持てる地域を引き継ぐために、限られた資源を本当に必要なことに有効に活用していくよう、地方主権をめざした施策の展開を進めています。

平成20年度三次市実施計画の策定にあたっては、「対話」と「公正」・「安心」を基軸とした「市民の声を大切にした市政」を実現し、暮らしを守るための福祉や地域振興など、生活に密着した「生活優先」の施策を推進していくことを基本としました。

具体的には、平成19年度策定の実施計画に基づき継続事業を引続き実施するとともに、生活に密着した事業を優先し、子ども、医療・福祉、産業・経済、環境等の各分野においても生活優先となる事業に重点を置きます。さらには、利用しやすい市役所へ組織改革を行い、市民の皆さんとの対話により、各施策を推進していきます。

なお、具体的な施策については、主要プランや行政評価による改善・見直し等の方向性との整合を図りながら、重要性、緊急性等を考慮して策定したところであり、向こう3年間の行政運営の指標とするものです。



2 計画期間

計画期間は、平成21年度から平成23年度までの3箇年とします。
また、計画事業は、社会経済情勢の変化や市民ニーズの変化に対応するため、毎年度、ローリング方式による見直しや修正を行うものとします。



3 対象事業

本市が事業主体または関係団体として取り組む投資的事業や政策的事業を基本として計上しました。
継続事業については単年度事業費1件500万円以上の事業を基本に、新規事業や政策的事業については、事業費の多寡に関わらず計上しました。



4 計画事業費

実施計画の3箇年計画事業費および財源内訳は、下表のとおりです。


◇計画事業費内訳(計画期間計) 
(単位:千円)
会計別 事業費 財源内訳
特定財源 一般財源
普通会計 26,493,21020,182,8006,310,410
(普通会計うち一般会計) 26,373,21020,062,8006,310,410
(普通会計うち分収造林事業) 120,000120,0000
公営事業会計 7,921,0007,778,750142,250
一部事務組合負担金 161,590117,53044,060
合 計 34,575,80028,079,0806,496,720


お問い合わせ
部署名: 経営企画部 企画調整課 企画調整係
電話番号: 0824-62-6115
FAX番号: 0824-62-6223
E-mail: kikaku@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.