• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


インボイス制度(消費税の仕入税額控除の方式)について

令和5年10月1日から、複数税率に対応した消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度(適格請求書保存方式)が開始されます。インボイス制度とは、仕入税額控除(課税売り上げから課税仕入れに関する消費税を控除すること)を受けるための制度です。
インボイス制度の開始後は税務署に申請して登録を受けた課税事業者である「インボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)」が交付する「インボイス(適格請求書)」等の保存が仕入税額控除の要件となります。


インボイス(適格請求書)とは

売り手が買い手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。
現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」および「税率ごとに区分した消費税額」の記載が追加されたものをいいます。



現在の請求書(区分記載請求書)の記載事項 インボイス(適格請求書)の記載事項
①請求書発行者の氏名または名称
②取り引き年月日
③取り引き内容(軽減税率の対象品目である旨)
④税率ごとに区分して合計した税込対価の額
⑤請求書受領者の氏名または名称
①適格請求書発行事業者の氏名または名称および登録番号
②取り引き年月日
③取り引き内容(軽減税率の対象品目である旨)
④税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜きまたは税込み)および適用税率
⑤税率ごとに区分した消費税額等
⑥書類の交付を受ける事業所の氏名または名称

不特定多数の者に対して販売等を行う小売業、飲食店業、タクシー業等に係る取り引きについては、次のとおりです

現在の請求書(区分記載請求書)の記載事項 インボイス(適格簡易請求書)の記載事項
①請求書発行者の氏名または名称
②取り引き年月日
③取り引き内容(軽減税率の対象品目である旨)
④税率ごとに区分して合計した税込対価の額
①適格請求書発行事業者の氏名または名称および登録番号
②取り引き年月日
③取り引き内容(軽減税率の対象品目である旨)
④税率ごとに区分して合計した対価の額
(税抜きまたは税込み)
⑤税率ごとに区分した消費税額等または適用税率


インボイス(適格請求書)の発行と保存

売り手であるインボイス発行事業者は、買い手である取り引き相手(課税事業者)から求められたときは、インボイスを発行しなければなりません。(また、発行したインボイスの写しを保存しておく必要があります)
買い手は仕入税額控除の適用を受けるために、原則として、取り引き相手(売り手)であるインボイス発行事業者から発行を受けたインボイスの保存等が必要となります。


インボイスを発行するには

インボイスを発行するためには、税務署に申請(インボイス発行事業者の登録)が必要です。登録は課税事業主が受けることができます。
原則、令和5年3月31日までに登録申請が必要となります。
※登録申請手続きは、e-Taxをご利用ください。


インボイス制度が始まります!(国税庁ホームページ)
特集インボイス制度(国税庁ホームページ)









部署: 市民部 課税課 市民税係
電話番号: 0824-62-6122
FAX番号: 0824-62-6345
E-mail: kazei@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.