• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


平成30年度決算‐健全化判断比率

地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項および第22条第1項の規定に基づき、毎年度、健全化判断比率および資金不足比率を監査委員による審査後、議会に報告し、公表することが義務付けられています。
平成30年度決算に基づく健全化判断比率と資金不足比率について、次のとおり公表します。


健全化判断比率(財政健全化法第3条第1項関係) (単位:%)

指標名称実質赤字
比率
連結実質赤字
比率
実質公債費
比率
将来負担
比率
三次市
-
-
7.051.9
早期健全化基準 
12.30
17.30
25.0
350.0
財政再生基準
20.00
30.00
35.0
-

※実質赤字額または連結赤字額がない場合は、「-」を記載しています。


資金不足比率(財政健全化法第22条第1項関係) (単位:%)

会計名等法適用企業法非適用企業
水道
事業
病院
事業
下水道
事業
農業集落排水
事業
三次市
-
-
-
-
経営健全化基準 
20.0
20.0
20.0
20.0

※資金不足がない場合は、「-」を記載しています。


平成30年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率報告書  (183kbyte)pdf


平成30年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書  (130kbyte)pdf

お問い合わせ
部署名: 財務部 財政課 財政係
電話番号: 0824-62-6119
FAX番号: 0824-62-6235
E-mail: zaisei@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.