• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


三次市三川合流部周辺河川環境整備計画
 第2次重点プロジェクト

平成22年に策定した整備計画における重点プロジェクトの整備が概ね完成したのち、更なる水辺の魅力を引き出すため、平成23年10月に設置した市民との協働による「三次市かわまちづくり懇話会」において、今後の整備内容を検討し、平成29年3月に「三次市三川合流部周辺河川環境整備計画 第2次重点プロジェクト」を策定しました。併せて国土交通省の「かわまちづくり」計画の変更承認を受けました。


整備内容

第2次重点プロジェクトでは、以下の整備を主に進めています。

桜づつみ整備

平成31年2月24日(日曜日)に、寺戸桜づつみサポーターの皆さんと舞姫12本を植樹しました。
※全体では8種類22本の桜を植樹しています。
当日は2月とは思えないほどの晴天に恵まれ、サポーターの皆さんは額に汗をにじませながら、元気に育つよう祈りながら丁寧に作業を行いました。

舞姫植樹作業の様子画像
舞姫植樹作業の様子
舞姫植樹後画像
植樹後の寺戸桜づつみ


歩道の整備

高水敷の不連続区間を解消し、歩行者の安全を確保するために市道馬洗川堤防線歩道整備工事(馬洗川左岸 水道橋付近)を実施しました。

事業規模
延長=90.0m 幅員=7.2m(車道5.0m 歩道2.2m)
事業期間
平成30年度から令和3年度
事業費
45百万円

整備前

整備後

水道橋から

安心して通行できます

社会実験

上記のようなハード整備のほか、第2次重点プロジェクトでは、以下のようなイベントを社会実験として行い、水辺の賑わいづくりへの効果検証を行っています。

オープンカフェ

平成29年11月18日(土曜日)に西城川右岸(西側)の堤防上の旭町公園で、「かわまちCafe ~水辺のオープンカフェ~ 」を開催しました。
当日はあいにくの曇り空で時折小雨も降る天気でしたが、オープンカフェのほか、フリーマーケットや巴橋の張り出し部分に新たに設置された休憩用のベンチと景観案内パネルのお披露目や、みよし学園一斉ボランティア活動への道路功労者表彰式、もののけ妖怪スタンプラリー健康ウォーキング、野鳥観察会なども同時に開催され、約200名の参加者で賑わい、用意したスイーツもすぐに売り切れ、急遽補充が必要となるほどでした。
また、当日は2020年の東京オリンピックの事前合宿地となった三次市にちょうど視察に来られていた、メキシコ陸上競技連盟の国際部長さんも飛び入りで参加され、三次市民とのふれあいの時間を過ごされました。
かわまちカフェ上空より
上空より撮影
かわまちカフェのにぎわい
にぎわいの様子
フリーマーケット画像
フリーマーケット
スイーツ
当日限定販売のスイーツ

令和元年11月24日(日曜日)に西城川右岸(西側)の堤防上の旭町公園で、「かわまちCAFE ~水辺のオープンカフェ~ 」を平成29年度とは場所を北側に移動して実施しました。
※平成30年度は悪天候のため中止
令和元年度は三次町で実施される【みよしマルシェ・三次本通商店街えびす講・もののけマルシェ】との同時開催となり、多くの市内外から多くの来場がありました。
三次市内出店者や野鳥観察会に加え、県立広島大学庄原キャンパスからの出店もあり、市内外に三次市の河川環境の魅力を伝える良い機会となりました。

会場遠景
会場の様子(垂れ幕は手作り)
出店状況
にぎわいの様子

もののけも来場
出店状況
出店の様子

居酒屋

令和元年7月7日(日曜日)に馬洗川左岸(南側)の三次市十日市親水公園内・鵜飼乗船場で、「水辺で乾杯2019in三次」を開催しました。
「水辺で乾杯」は、水辺を利用した賑わい創出の可能性を確認する社会実験として平成29年度に開催する予定としていましたが、悪天候等のため2年連続中止となり、令和元年度が初めての開催となりました。
日曜日の夜にもかかわらず、大勢の方にお越しいただきました。
合わせて、市内に賑わいが波及するよう、周辺の飲食店協賛のイベントを実施しました。(協賛13店)

参加者全員で記念撮影

にぎわいの様子

川のプール

令和元年8月10日(土曜日)に馬洗川左岸(東側)のみよしまちづくりセンター付近で、「川のプール」を開催しました。
※平成30年度は悪天候のため中止
「川のプール」は、川に接する機会が少ない中で、川に親しんでもらうことを目的として実施しました。
当日は江の川漁業協同組合の協力でアユの素にぎり体験も実施し、泳いだり、覗いたり、捕まえたり、思い思いの方法で大人も子どもも自由に水辺を楽しんでいました。

自由に水辺を楽しむ子どもたち

アユの素にぎり(手づかみ)の様子

川の中の探索状況

バーベキューをしている様子

舟あそび

令和元年9月7日(土曜日)に馬洗川左岸(南側)の三次市十日市親水公園内・鵜飼乗船場で、「舟あそび」を開催しました。
「舟あそび」は、普段機会の少ない江の川河川内から三次市街地を眺めることで体験をすることで,乗船者(特に子ども)に新たな発見をしてもらい河川に親しみを持ってもらうことを目的に実施しました。
普段眺める機会の少ない河川内からの三次の風景や中州への上陸を大人も子どもも楽しんでいました。
江の川漁業協同組合協力の鮎の塩焼きも好評でした。

穏やかな天候の中での出船

中州への上陸

中州からの景色

大好評のアユの塩焼き

野鳥観察会

三川合流部はあまり知られていませんが、野鳥観察には絶好のスポットです。三次市には約350種類もの野鳥が生息し、特に冬場はウミネコなどの日頃あまり目にすることのない珍しい種類の鳥も観察できる、まさに野鳥の王国です。
野鳥観察会1
野鳥観察会の様子
野鳥観察会2
野鳥観察会の様子
アオサギ
魚を捕まえるアオサギ
ヒドリガモ画像
ヒドリガモ
ウミネコ画像
ウミネコ

平成31年3月2日(土)には三川合流部周辺約5kmのコースをウォーキングしながら、野鳥観察を行う「野鳥発見スタンプラリー」を開催しました。
※令和元年度はコロナウィルス感染防止のため中止

整備された散策路をコースに野鳥観察

野鳥観察のにぎわい

巴橋も観察ポイントに

鳥以外にも多種多様な生物がいます


各河川管理者の整備内容


中国地方整備局三次河川国道事務所の河川関係ホームページはこちらへ
広島県北部建設事務所ホームページはこちらへ


お問い合わせ
部署名: 建設部 都市建築課 都市計画係
電話番号: 0824-62-6160
FAX番号: 0824-62-6166
E-mail: toshikenchiku@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.