• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


宅地造成工事規制区域について


造成する土地(宅地)が宅地造成工事規制区域内にある場合は、工事の内容により事前に許可を受ける必要があります。

(許可が必要な宅地造成工事)
・切土により、高さが2メートルを超えるがけができる場合(図1)
・盛土により、高さが1メートルを超えるがけができる場合(図2)
・切土および盛土により、高さが2メートルを超えるがけができる場合(図3)
・造成面積が500平方メートルを超える場合。

takuzousetumei

※がけとは、地表面が水平面に対し30度を超える角度をなす土地を言います。
※宅地とは、次に掲げる以外の土地を言います。
・農地等(農地、採草放牧地、森林)
・公共の用に供する施設(道路、公園、河川、砂防設備、地すべり防止施設、鉄道、軌道など)
・国または地方公共団体が管理する公共の用に供する施設


宅地造成工事規制区域図(旧三次市)


宅地造成工事規制区域図です。(旧三次市のみに設定されています。)
ご覧になりたい地域付近をクリックしてください。
 ※指定年月日 平成5年3月1日
 ※面積 67.38平方キロメートル

宅造区域図

お問い合わせ
部署名: 建設部 都市建築課 建築指導係
電話番号: 0824-62-6385
FAX番号: 0824-62-6166
E-mail: toshikenchiku@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.