• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


1964年東京オリンピック最終聖火ランナー坂井義則氏 紹介 

1945(昭和20)年8月6日生まれ 三次市出身
1963(昭和38)年 国民体育大会陸上競技400m優勝
1964(昭和39)年 早稲田大学入学
         東京オリンピック400m、1600mリレー強化選手に指名されるも代表選考で敗退
        「広島原爆投下の日」という象徴的な日に生まれたことで最終聖火ランナーに選ばれる
1966(昭和41)年 バンコクアジア競技大会1600mリレー優勝
              〃      400m準優勝
1968(昭和43)年 フジテレビ入社
          主にスポーツと報道分野を担当する
2014(平成26)年9月10日死去 享年70歳
2014(平成26)年10月 国際フェアプレー賞受賞

  坂井義則氏レリーフ
 
三次市みよし運動公園に、坂井氏の功績を称えるレリーフが設置してあります。このレリーフは旧国立競技場の聖火台をイメージして作られており、聖火台でトーチを掲げる写真とともに、坂井氏の略歴が刻まれています。

お問い合わせ
部署: 政策部 特命担当
電話番号: 0824-62-6408
FAX番号: 0824-62-6137
E-mail: tokumei@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.