• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


みんなで乗ろう芸備線

芸備線対策協議会

芸備線対策協議会トップ写真

トピックス

芸備線おもてなしイベントを開催します!

芸備線対策協議会では、大切な公共交通機関である芸備線に親しんでもらうため、10月23日(土曜日)に「芸備線おもてなしイベント」を開催します。
当日は、井原市・向原・三次・備後庄原の各駅及び各駅の周辺で、観光ツアーやマルシェ(特産品)、ミニコンサートなどのイベントを開催します。
三次駅では、運転席試乗体験や、軌道自転車体験や運転シミュレーター体験、駅員なりきり制服試着体験などの鉄道ふれあいイベントをはじめ、駅前ロータリーでは乗り物ふれあいイベント、市内観光施設スタンプラリーなど、さまざまなイベントをご用意しています。
(事前申込みが必要なものもあります。)

ニュースリリース【芸備線おもてなしイベントを開催します】 (125kbyte)pdf
イベントチラシ (3,734kbyte)pdf

三次駅のイベント情報

キハ120形運転席試乗・放送体験軌道自転車乗車体験運転シミュレーター体験駅員なりきり制服試着体験などの鉄道ふれあいイベントを行います。また、駅前ロータリーでは、乗り物ふれあいイベント市内観光施設スタンプラリーなど、さまざまなイベントをご用意しています。(事前申込みが必要なものもあります。)
詳しくはこちら 三次市ホームページ


芸備線対策協議会公式Instagramを開設しました!

芸備線対策協議会では、芸備線の魅力発信のため、Instagramを開設しました。
芸備線や沿線の写真やイベント情報などをどんどん発信していきます。
ぜひフォロー&いいねをお願いします!

芸備線に関する素敵な写真はリポストさせていただきますので、ハッシュタグ「#ええね芸備線」をつけて投稿してください!

フォロー&いいねはこちらから
芸備線対策協議会公式Instagram
※ご利用のブラウザによってはページを開けない場合があります。

芸備線対策協議会とは?

芸備線対策協議会は、地域の発展及び交通の確保に重要な役割を果たしている芸備線の存続に向けた対策について、沿線市が緊密な連携のもとに円滑な推進を図ることを目的に活動しています。

【構成市】広島市、安芸高田市、三次市、庄原市


芸備線ってどんな路線?

芸備線は、広島県広島市の広島駅から北上し、広島県北部の安芸高田市、三次市、庄原市を経て岡山県新見市の備中神代駅に至る、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)の鉄道路線です。
途中、塩町駅(三次市)で福塩線、備後落合駅(庄原市)で木次線と接続します。広島市と中山間地域を結ぶとともに、広島都市圏の近郊路線としての性格をあわせ持っています。


路線データ


営業キロ(路線の長さ) 159.1km
駅の数 44駅(起終点駅を含む)
最高速度 85km/h
使用車両 キハ47、キハ40、キハ120
開業 昭和11年(1936年)10月10日
運行事業者 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)
沿線自治体 広島市、安芸高田市、三次市、庄原市、新見市
ラインカラー
路線記号 P

※ラインカラー及び路線記号は、広島シティネットワーク区間(広島駅~狩留家駅)のもの。


芸備線にはどんな車両が走っているの?

いつも芸備線で運行されている車両や、過去に芸備線で活躍した車両のほか、滅多に見られない車両などをご紹介します。
これを見れば、あなたも芸備線の車両博士になれるかも。


芸備線車両紹介のページへ

芸備線対策協議会の補助制度

芸備線対策協議会では、芸備線の利用促進や地域の活性化を図るため、次のような補助制度を実施しています。
ぜひ補助制度を活用して、芸備線の旅をお楽しみください。


補助制度のページへ


お問い合わせ
芸備線対策協議会事務局(三次市地域振興部定住対策・暮らし支援課)
電話番号:0824-62-6129
FAX番号:0824-62-6235
E-mail:teijyu@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.