• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


水道管を寒さから守りましょう

気温がマイナス4℃以下(風当たりの強いところはマイナス1℃からマイナス2℃)の厳しい寒さになると、防寒の不完全な水道管は凍りやすくなります。水道管が凍ると水が出にくくなるばかりでなく、破裂するおそれがあります。凍結防止の点検と対策を行うことで、破裂事故の防止に効果があります。事前に水道管の凍結防止を心がけましょう。

※特に気象予報で低温注意報が発令されると要注意です。
※長期不在時は、凍結破裂による被害拡大を防止するため、メーターボックス内の止水栓を閉めましょう。

凍りやすいところ

  •  家の北側などで日光の当たらないところ
  •  風当たりの強い場所
  •  屋外でむきだしになっている水道管

予防方法

  •  水道管のまわりに保温材を巻きつけ、その上に濡れないように下のほうからビニールテープなどですき間なく巻いてください。
    (保温材は市販されているものがより有効ですが、家庭にある古い毛布や布切れ等でも代用できます。)
  •  万が一に備えて、水をやかんやポット、浴槽などへくみ置きしておくと安心です。
    また、積雪も予想され、破裂に備えるためにメーターボックスの上に雪かきをした雪を積み上げないようにしましょう。

水道管が凍ったときは

蛇口を開けて凍ってしまった部分にタオルなどをかぶせてその上からゆっくりとぬるま湯をまんべんなくかけてください。
※急に熱湯をかけると水道管が破裂したり、ひび割れをおこすおそれがありますのでご注意ください。

お問い合わせ
部署: 水道局 水道課 営業係
電話番号: 0824-62-4843
FAX番号: 0824-62-8111
E-mail: suidou@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.