ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 広島県水道広域連合企業団 > 三次事務所 > 水道水のカビ臭について

本文

水道水のカビ臭について

ページID:0016875 更新日:2023年5月22日更新 印刷ページ表示

水道水のカビ臭について

現在、市内の一部地域において、水道水からカビ臭を感じる現象が発生しています。
ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けし大変申し訳ありません。水質改善に全力で取り組んでおりますので、ご理解ご協力のほどお願いいたします。

臭気の原因

向江田浄水場の水源である馬洗川で、カビ臭の原因物質である「2-メチルイソボルネオール(2-MIB)」を発生させる藻類が大量に発生しているためと考えられます。

安全性について

カビ臭の原因物質に毒性は無く、飲用いただいても健康への影響はありません。

浄水場での対応

向江田浄水場において、原因物質を除去する粉末活性炭の注入量を増加させています。
しかしながら、馬洗川の状況によっては解消まで数日を要する可能性があります。

ご家庭での対応

やかんなどで沸騰させたのち、ふたを取って5分から6分程度煮沸することで、臭気を和らげることができます。
ただし、一度沸騰させた水道水は消毒効果がなくなるので、冷蔵庫で保存するとともに早めにご使用ください。