ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業振興部 > 農政課 > 化学肥料低減定着対策事業補助金について

本文

化学肥料低減定着対策事業補助金について

ページID:0020326 更新日:2023年11月24日更新 印刷ページ表示

国の肥料価格高騰対策事業の一環として、農業者における化学肥料の使用量の2割低減に向け、土壌分析、生育診断および堆肥の散布にかかる費用について一部支援を行います。

補助対象者

  • 市内に居住し、市内の自己所有または利用権が設定された農地において、生産・出荷を行っている者
  • 法人の場合は、三次市内に事業所を有すること
  • 令和5年6月1日から令和6年3月31日までに対象事業を実施し、完了すること
    令和6年1月15日までに、申請書類を提出する必要があります。なお、堆肥の散布日が確認できる書類については、令和6年4月5日までに提出してください。
    ※期間内において、補助事業を既に実施し、完了されている方も対象になります。

補助対象事業

1.土壌・生育診断の推進支援

土壌分析および生育診断にかかる費用の支援

2.堆肥の利用拡大支援(※堆肥散布の委託費用のみの補助です。)

堆肥の散布にかかる委託費用の支援


堆肥の購入費用は補助対象外。なお、三次市内で生産された堆肥である場合は、「三次市堆肥購入促進事業補助金」を申請することができます。
農業者が自ら行う堆肥の散布は補助対象外
産地交付金の耕畜連携など、堆肥散布を要件とする補助金との重複がないこと
環境保全型農業直接支払交付金の有機農業や堆肥の施用との重複がないこと​
三次市内の農地へ堆肥の散布を行うこと
※対象の堆肥は、肥料の品質の確保等に関する法律の規定による特殊肥料に該当するものであり、同法の規定による生産および販売の届け出が行われていること

補助額

1.土壌・生育の推進支援

2分の1以内

2.堆肥の利用拡大支援

1トンあたり2,000円以内

 

申請額の合計が予算額を超えた場合には、単価を減額して交付する場合があります。​

申請方法

次の書類を農政課(市役所本館4階)または各支所に提出してください。

1.土壌・生育の推進支援

  1. 【様式第1号】化学肥料低減定着対策事業補助金交付申請書兼請求書(土壌・生育診断の推進支援)
  2. 振込口座(通帳表紙の裏面)の通帳の写し
  3. 契約書、領収書または請求書(契約日、契約額が明記されていること)
  4. 営農計画書の写しまたは農地の地名、地番、面積および作物が確認できる書類

※実施事業者がサービス提供事業者である場合は、サービスを行った顧客リスト、契約料金の適正性が確認できる書類(昨年度の価格表など)を提出すること

2.堆肥の利用拡大支援

  1. 【様式第2号】化学肥料低減定着対策事業補助金交付申請書兼請求書(堆肥の利用拡大支援)
  2. 振込口座(通帳表紙の裏面)の通帳の写し
  3. 契約書、領収書または請求書(堆肥の散布量、契約日、契約額が明記されていること)
  4. 堆肥を散布するほ場位置図
  5. 堆肥の散布日が確認できるもの(作業日誌(作業日、作業した農地、作業内容が書かれていること)、散布後の写真等)
  6. 営農計画書の写しまたは農地の地名、地番、面積および作物が確認できる書類

※実施事業者がサービス提供事業者である場合は、サービスを行った顧客リスト、契約料金の適正性が確認できる書類(昨年度の価格表など)を提出すること

 

​​※令和6年1月15日までに提出してください。期限終了後の提出は、受け付けできません。
※「2.堆肥の利用拡大支援」における、「5.堆肥の散布日が確認できるもの」については、令和6年4月5日までに提出してください。
※補助金は、令和6年2月下旬頃を目途に、交付申請書兼請求書で指定された口座へ振り込みを行う予定です。

様式

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)