• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


何でもサロン

「何でもサロン」は、県立広島大学の先生方から旬のテーマで話題を提供していただき、参加者の疑問や知りたい情報などを共有することで、ビジネスにつながるヒントを探る自由な意見交換の場です。日ごろ疑問に思っていることや独自のアイデアをぶつけるチャンスです!
少人数によるフリートーク形式で実施しますので、お気軽にご参加ください。

開催日時

令和元年8月28日(水曜日)15時から16時30分

場所

三次市役所6階会議室(三次市十日市中二丁目8番1号)

テーマ

「体験から語るQRコード支払いの中国社会~市場から高級ホテルまで~」

助言

上水流久彦先生(社会人類学東アジア文化論地域振興論)

定員

10人程度

参加費

無料

申込方法

チラシの「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、事務局へFAXでお送りください。

「何でもサロン」チラシ  (258kbyte)pdf

過去(直近)の開催状況

日時 講師 テーマ
平成30年7月26日村田和賀代先生
(生命環境学部)
雇用者側が考える女性が働きやすい職場
平成30年2月22日矢澤利弘先生
(経営情報学部)
映画・映画祭と地域活性化
~文化資源をどのように使うか~
平成29年12月7日馬渕良太先生
(人間文化学部)
食べ物の「おいしさ」を化学的に考えよう
~産学・地域連携の視点から~
平成29年9月25日山本幸弘先生
(生命環境学部)
油を食べて健康に
平成28年11月29日谷本昌太先生
(人間文化学部)
食品加工に関するお悩み相談
~お米からお魚まで~
平成28年9月23日青栁充先生
(生命環境学部)
木や草の新しい利用法
~農林業と工業をつなぐ~
平成28年1月12日橋本温先生
(生命環境学部)
水をめぐる地域との結びつき
平成27年9月15日荻田信二郎先生
(生命環境学部)
竹資源は地産地消が可能か?現状と課題
平成27年1月29日小林謙介先生
(生命環境学部)
環境影響を見える化してエコを計画する
~CO2排出量、資源消費量などを評価し削減案を考える~
平成26年11月28日津田治敏先生
(生命環境学部)
乳製品における乳酸菌の役割
平成26年1月28日和田崇先生
(経営情報学部)
エビとカツオ節から考える地産地消
平成25年12月5日前川俊清先生
(生命環境学部)
今のままでいいのか地域活性化
~変わる三次~
平成25年10月31日田井章博先生
(生命環境学部)
食品中の機能性成分の探索
平成25年1月22日近藤敏先生
(保健福祉学部)
福祉ビジネスのパラダイム・チェンジ
平成24年12月4日粟島浩二先生
(経営情報学部)
地域ブランドを考える
平成24年10月31日藤田景子先生
(生命環境学部)
高品質なブドウ生産のための基礎的な研究

お問い合わせ
三次イノベーション会議事務局: 産業環境部 商工労働課 商工労働係
電話番号: 0824-62-6171
FAX番号: 0824-64-0172
E-mail: shoukou@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.