• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


伐採及び伐採後の造林の届出について


制度の概要について

森林の立木を伐採するためには、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書(伐採届)」を市に提出する必要があります。
伐採届は森林法第10条の8に規定されているもので、県の定める地域森林計画に含まれる森林が対象になります。
地域森林計画は市内のほとんどの森林が含まれていますが、一部例外もあります。伐採しようとする立木が地域森林計画の対象となっているかは、農政課農林振興係までお問い合わせください。
ただし、伐採する面積が1ヘクタールを超える場合には、林地開発行為に当たるため、市に申請し許可を受ける必要があります。また、伐採する場所によって他の法律や制度の規制を受ける場合があります。
なお、平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採届を提出した方は、事後に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告(状況報告書)」を市に提出する必要があります。


なぜ伐採届は必要なのか

森林は、国土の保全、水資源のかん養、地球温暖化の防止などの多面的機能を有しており、それらは機能発揮を通じて私たちの生活と密接に結びついています。一度、機能低下をもたらす無秩序な伐採が行われると、山崩れなどの土砂災害の誘因ともなり、機能の回復に長い年月と多大な経費が必要になります。
このため、森林法では立木の伐採に対し届出を義務づけることで、森林所有者の責務を明確にしているのです。


届出が必要な方

伐採の状況により、届出人が異なります。下表を参照してください。

伐採状況別届出義務者
伐採の状況 届出者
森林所有者が自分で伐採する場合森林所有者が届出してください
伐採業者などが森林所有者から立木を買い受けて伐採する場合立木の買受人が届出してください
森林所有者または立木の買受人が他者に請け負わせて伐採する場合森林所有者または立木の買受人が届出してください
伐採者が伐採後の造林に関する権限を持っていない場合伐採者と造林に係る権限を持つ者の連名で届出してください

届出期間

伐採及び伐採後の造林の届出書(伐採届)伐採を行う90日前から30日前まで
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(状況報告書)造林を完了した日から30日以内

届出先

産業環境部農政課農林振興係または各支所地域づくり係

届出書様式

伐採及び伐採後の造林の届出書(単名用) (144kbyte)doc
伐採及び伐採後の造林の届出書(単名用) (18kbyte)pdf
伐採及び伐採後の造林の届出書(連名用) (147kbyte)doc
伐採及び伐採後の造林の届出書(連名用) (18kbyte)pdf
伐採及び伐採後の造林の届出書【記載例】 (269kbyte)pdf

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(単名用) (34kbyte)doc
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(単名用) (13kbyte)pdf
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(連名用) (35kbyte)doc
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(連名用) (13kbyte)pdf
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書【記載例】 (230kbyte)pdf


お問い合わせ
部署: 産業環境部 農政課 農林振興係
電話番号: 0824-62-6164
FAX番号: 0824-64-0172
E-mail: nousei@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.