• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


働くパパママのために

保育所事故対応マニュアル(事故発生時の対応)

所長、保育士、保健師、嘱託医が共通の理解のもと対応する


1.いざというときのために 医療機関の確認をする。
保護者と連絡をとる。
受診予定医療機関の同意を得る。
2.報告の大切さ ごく軽症でも、帰宅時には必ず保護者に報告をすること。
帰宅後に発生する可能性のある異常についても、保護者に健康観察をお願いする。
3.事故発生時のメモの作成 事故発生については発生時刻、発生状況、応急手当内容等時間を追って記録すること。
保護者に対しても医療機関名、診療科目、けがの程度、処置内容、帰宅後の処置、薬の服用、次回受診、事故発生時の状況、再発防止に対する保育所の姿勢などの説明と記録を残しておく。

事故発生時の対応
事故発生時の対応フロー図

軽症以外

  1. 高所からの転落・転倒による骨折や頭部の強打など。
  2. 顔色が悪く、ぐったりとしている。
  3. けいれん、ひきつけを起こしている。
  4. 出血が止まらない。
  5. 吐き気や嘔吐を繰り返している。
  6. やけどの面積が広い。

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.