• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


働くパパママのために

保育所事故対応マニュアル(児童の傷病などのケース)

事故発生時の基本的な流れ
  1. 保育士は、直ちに児童の応急処置を行い、所長へ連絡する
  2. 状態の観察(受診の必要性の判断)
  3. 嘱託医、保健師へ問い合わせをする
  4. 状態に応じて保護者や関係機関(医療機関・救急車など)へ連絡する
    ・事故の状況・原因・場所・時間
    ・児童の状態(出血や打撲の有無・顔色・全身の状態をみる)
    ・事実に基づいた記録を残しておく 
  5. 医療機関へ受診する際は、担任が付き添い、処置に必要な情報と児童の既往症やアレルギーの有無などを医師に伝える
  6. 受診後、保護者へ報告する
  7. 所管である子育て・女性支援部の子育て支援課へ連絡をする
    (部長 TEL 0824-62-6286または課長 TEL 0824-62-6287)
保護者への対応 事故の発生状況、医療機関の診察、受診結果、今後の受診などをきちんと説明し理解を求める。いかなる状況の事故であっても、保育時間中に発生した事故である以上は、細心の注意と誠意をもって対応する。
子育て支援課への対応 上記の保護者への対応と同じように子育て支援課へ報告する。また、事故報告書をすみやかに提出する。
事故報告書の作成

■日本スポーツ振興センターに災害報告を要する傷病事案について(入院・骨折などで治療期間が3日を超えるもの)

■園内で発生した食中毒・伝染病などについて


PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.