• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


災害時におけるドローンの活用に関する協定を締結しました

 大規模災害が発生した場合、道路の寸断などにより、地上から被災状況を把握することが困難な場合、ドローンで撮影した映像を活用して、被災状況をいち早く正確に把握し、その後の応急対策や速やかな災害復旧を行うことは、大変重要となります。
 このことから、三次市では「災害時における無人航空機(ドローン)の活用に関する協定」を民間3事業所のご協力により締結することとなり、令和2年1月20日(月曜日)に調印式を行いました。


1 協定先

  • 株式会社三次ケーブルビジョン(三次市十日市東五丁目19番1号)
  • 株式会社Co-de(庄原市東城町川東1371番地9)
  • 株式会社eロボティクス広島(庄原市西城町西城191番地1)

2 協定内容(※協定内容は、協定先により異なります。)

  • 協定先が保有するドローン映像の市への提供
  • ドローンによる被災地域の撮影および映像提供
  • ドローン映像による災害地図作成の支援業務

お問い合わせ
部署: 危機管理監 危機管理課 危機管理係
電話番号: 0824-62-6116
FAX番号: 0824-62-2951
E-mail: kikikanri@city.miyoshi.hiroshima.jp


PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.