• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


固定資産の評価について


 固定資産の評価

総務大臣の定める「固定資産評価基準」に基づいて固定資産を評価し、価格(評価額)を決定します。


土   地 売買実例価格をもとに算定した正常売買価格を基礎として、土地の状況に応じて評価します。なお、宅地については地価公示価格等の7割を目途に評価します。
家   屋 再建築価格(その家屋と同一のものを建築するとした場合にかかる建築費)を基礎として、建築後の経過年数に応じた減価を考慮して評価します。
償却資産 取得価額を基礎として、その耐用年数から取得後の経過年数に応ずる価格の減少(減価)を考慮して評価します。


 固定資産の評価替え

【土地と家屋について】

土地と家屋については、基準年度(3年度ごと)に評価替えを行います。基準年度以外は、地目の変更や新増築などがあった場合を除き、新たな評価を行わないで、基準年度の評価をそのまま据え置きます。
なお、土地については、前年中に地価の下落があり評価額を据え置くことが適当でない場合は、評価替え以外の年度であっても評価額に修正を加えることができる措置が講じられています。


【償却資産について】

償却資産については、毎年1月1日現在の資産の状況の申告により、それに基づいて毎年評価して評価額を決定します。



固定資産価格(評価額)の縦覧

固定資産価格(評価額)は、毎年3月31日までに決定します。決定された価格(評価額)は、固定資産課税台帳に登録され、その価格等の事項は、縦覧帳簿によりご確認いただくことができます。
このようにして自己の土地・家屋と三次市内の土地・家屋の価格を比較できるように、納税者に縦覧帳簿をご覧いただくことを「縦覧」といいます。
縦覧期間は毎年4月1日から最初の納付期限の日までの間です。



  固定資産税の閲覧・縦覧についてのページへ






お問い合わせ
部署名: 市民部 課税課 資産税係
電話番号: 0824-62-6124
FAX番号 0824-62-6345
E-mail: kazei@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.