• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


第3回新三次市斎場建設検討委員会

日時:平成22年3月30日(火曜日)
出席者:16名(総委員数18名)
内容:新斎場の具体的なイメージづくりに役立てるため、先進地視察を実施
視察場所:
   ・桜谷聖苑(香川県丸亀市綾歌町岡田上686−2)
   ・しずかの里(香川県木田郡三木町993)



 視察先施設概要

桜谷聖苑
   ・事業開始:平成11年4月1日
   ・炉数:火葬炉 7基、汚物炉 1基
   ・その他:1市2町で使用するため、火葬予約が重複しないよう予約システムの
         コンピュータ化を図った。


しずかの里
   ・事業開始:平成11年4月1日
   ・炉数:火葬炉 5基、動物炉 1基、汚物炉 1基
   ・その他:告別ロビーと告別ホールが各2室があり、大葬儀の場合は、
         告別ロビーと告別ホールを各1室につなげて使用できる。



 視察先で次のような意見交換がありました

斎場の理念・コンセプトはどのようなものか

  ・住み慣れた場所でお別れをさせたい。
  ・香川はため池が多く、シンボルのようなものであるので、ため池を望めるよ
   うにした。
  ・当時の担当職員も公園を作っているという思いで取り組み、公園の中に
   斎場があるイメージとした。


建設後に思う施設の課題はあるか

  ・洋間を望む声が多いが、部屋数が足りない。
  ・庭園を良くしすぎて、手間と費用がかかってしまう。
  ・大きな葬儀があった場合、駐車場が狭い。


住民からほめていただいたことはあるか

  ・建設して11年が経過しているが、きれいだ。
  ・全員が座れる待合があり、ゆったりできて良い。
  ・斎場運営委託会社の社員の接客対応が良い。

 

今回の施設見学や担当者との意見交換は、斎場のイメージを考える材料として役に立ったというご意見がありました。今後の施設内容の検討に役立て、ご議論いただきます。



 視察の様子

【桜谷聖苑】
 エントランス 炉前ホール

【しずかの里】
 エントランス 告別ホール2室を1室にした様子

新斎場検討建設検討委員会のページへ

お問い合わせ
部署名: 市民部 環境政策課 環境政策係
電話番号: 0824-62-6136
FAX番号: 0824-62-6397
E-mail: kankyo@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.