• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


三次市チャレンジデー2019


「三次市チャレンジデー2019」を5月29日(水曜日)に開催します!

「スポーツのまちみよし」「いきいき健康日本一のまちみよし」をめざして、三次市は今年もチャレンジデーを開催します。
みんなでチャレンジデーに参加しましょう!


チャレンジデーとは

毎年5月の最終水曜日に世界規模で開催されている運動・スポーツのイベントです。
日本では約120の自治体が参加しています。
当日午前0時から午後9時までの間に、15分間以上継続して運動やスポーツをした人の参加率を、人口規模がほぼ同じ市町村同士で競うイベントです。
三次に在住・在勤・在学している人はもちろん、三次以外の人が当日時間内に三次市内で運動やスポーツをしても参加人数に加えることができます。


過去の対戦成績(3勝3敗)

年度 三次市勝敗
(○:勝、×:敗)
三次市参加率 対戦相手と参加率
平成30年71.0%鹿児島県 奄美市 49.5%
平成29年×56.6%鹿児島県 南さつま市 66.7% 
平成28年×35.8%大分県  宇佐市 61.8%
平成27年×37.5%神奈川県  逗子市 40.9%
平成26年32.5%福島県  伊達市 32.0%
平成25年32.3%秋田県  能代市 26.4%


対戦相手

今年は 神奈川県高座郡「寒川町(さむかわまち)」と対戦します。
三次の「約58分の1」の面積に、三次の「92.5%」の人々が生活されています。
チャレンジデーには5回目の参加で、過去3勝1敗、昨年の参加率は71.7%と、大変強敵です。
みんなで力を合わせて、勝利をめざしましょう!


チャレンジデーへの参加方法

1.「運動やスポーツ」をします。

チャレンジデー当日の8時から21時までの間に、15分以上継続して運動やスポーツを行いましょう。
個人で行っても、当日地域で開催されるイベントに参加してもOKです。
運動の例)ウォーキング・体操・ダンス・清掃・草刈り・植栽・徒歩や自転車での通勤/通学など、運動をしている意識を持って体を動かすことならなんでもOKです。

2.「報告」をします。

報告をしてはじめて「参加」になります。報告は1人1回までです。
運動した地区、人数、運動の内容を、電話、FAXまたはメールで観光スポーツ交流課または各支所へ報告してください。
当日開催されるイベントに参加された場合には、イベント主催者がまとめて報告しますので個別の報告は不要です。
※具体的な報告先については、チラシや当ホームページで、後日お知らせします。


チャレンジデー参加宣言事業所(50音順)

 ※「チャレンジデー2019」への参加宣言書を受け付けた事業所を掲載しています。

参加宣言事業所
岩岡石材有限会社、株式会社暮らしサポートみよし、白梅交通有限会社、有限会社スズキプラザ三次、株式会社菁文社、有限会社せとうち体器、広島県信用保証協会備北支所、コスメティックサロンブルージュ、マツダ株式会社三次事業所、株式会社三次クミアイ燃料、一般社団法人三次市観光協会、三次市役所、三次商工会議所、三次税務署、株式会社やまなみ建設

参加宣言は、随時募集中です!多くの事業所のみなさんの参加宣言をお待ちしています。

チャレンジデーイベント

当日開催するイベントを掲載する予定です。
今しばらくお待ちください。


お問い合せ先
部署: 地域振興部 観光スポーツ交流課 スポーツ交流係
電話番号: 0824-62-6553
FAX番号: 0824-62-6235
E-mail: sports@city.miyoshi.hiroshima.jp


PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.