• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒について

ノロウイルスは、冬場を中心に食中毒の原因となるほか、「食品から人」だけでなく、「人から人」にうつるという集団感染を引き起こします。ごく少量のウイルスでも感染するほど感染力は強力です。手洗いをしっかり行うとともに、食品の取り扱いに十分注意して、食中毒の発生を予防しましょう。


主な感染経路と原因

感染経路 感染の原因
(1) 右への矢印人への感染感染した人のふん便やおう吐物からの二次感染、空気中に飛び散ること(飛沫)による感染
(2) 右への矢印食べ物右への矢印人への感染感染した人が調理などをして汚染された食品を食べることによる感染
(3) 食べ物右への矢印人への感染ウイルスが蓄積・付着した、加熱不十分な二枚貝などを食べることによる感染

症状
  • 感染から発症まで1~2日かかります。
  • 主な症状は吐き気・おう吐・下痢・腹痛・微熱です。また、感染しても発症しない場合や軽いかぜのような症状の場合もあります。
  • 乳幼児や高齢者など抵抗力が弱い人の場合、下痢による脱水症状が起きることがあります。
  • 下痢止めの薬は回復を遅らせる場合があるため、吐き気・おう吐や下痢等の症状のある方は早めに医療機関で受診しましょう。

予防方法

手洗い手洗い
手洗いは、ノロウイルスに限らず、感染予防においては大切です。
調理の前、生鮮食品を取り扱った後、盛りつけ前、食事の前、トイレのあとなどは、流水と石けんで十分に手を洗いましょう。洗った手を拭くタオルは使い回しをせず、自分専用のものか、ペーパータオルを使用しましょう。


調理器具の洗浄消毒調理器具の洗浄消毒
まな板、包丁などの調理器具はよく洗浄後、熱湯や業務用の次亜塩素酸ナトリウム、または家庭用の塩素系漂白剤を薄めて消毒しましょう。


加熱調理加熱調理
食品を加熱調理する場合は、中心温度が85℃以上で1分以上加熱しましょう。


消毒液の作り方

消毒液の作り方1調理器具やドアノブ、手すりなどの消毒や拭き取りの場合
(0.02%の消毒液)
1リットルのペットボトルに水を入れ、キャップ1杯(5ml)の台所用塩素系漂白剤を加えます。


消毒液の作り方2おう吐物やふん便が付着した床、衣類などの消毒や廃棄の場合
(0.1%の消毒液)
台所用塩素系漂白剤の原液が5%の場合、500mlのペットボトルに水を入れ、キャップ2杯(10ml)の台所用塩素系漂白剤を加えます。


注意点注意点

  • 製品ごとに濃度が異なる場合があるため、使用時は表示を確認しましょう。
  • 使用する際は十分な換気を行いましょう(酸性のものと混ぜると有毒な塩素ガスが発生することがあるため、絶対に混ぜないようにしてください。) 
  • 使用する際はビニール手袋などを使用し、皮膚に付着しないようにしましょう。
  • 金属に使用した場合は錆びることがあるため、消毒後は水で洗い流すか拭き取ってください。

発生状況や手洗いの手順などは広島県ホームページをご覧ください。

広島県ホームページ広島県ホームページ「『感染性胃腸炎警報』」


食中毒について食中毒について(三次市ホームページ)


お問い合わせ
部署名: 福祉保健部 健康推進課 健康企画係
電話番号: 0824-62-6232
FAX番号: 0824-62-6382
E-mail: kenko@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.