• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


9月24日から9月30日は結核予防週間です

結核は克服された過去の病気と思われがちですが、現在においても年間約2万3千人もの人が新たに結核患者として診断されています。

結核は過労や睡眠不足、栄養不足などにより抵抗力が弱まったときに発病すると言われています。日ごろから健康管理に注意して、規則正しい生活を送りましょう。

また、結核は、人から人へ感染する病気ですが、早期に発見して治療すれば人に感染させる可能性も少なくなり、治療も短期間で済みます。

結核の症状は風邪と似ているため、咳や痰があってもただの風邪と自分で判断しがちです。咳や発熱が2週間以上続くなどの症状がみられたら、早めに医療機関を受診しましょう。


65歳以上の方は三次市の総合集団健診で結核検診を受けることができます。総合集団健診などを利用し、定期的に健康のチェックをしましょう。



広島県ホームページ結核について詳しくは広島県ホームページ(広島県感染症・疾病管理センター(ひろしまCDC)「結核情報」)をご覧ください。


お問い合わせ
部署名: 福祉保健部 健康推進課 健康企画係
電話番号: 0824-62-6232
FAX番号: 0824-62-6382
E-mail: kenko@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.