• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


ダニ類が媒介する感染症に注意しましょう


ダニ類が媒介する感染症のひとつ「つつが虫病」の発生が続いています

毎年、春から秋にかけて、ダニ類が媒介する感染症が多く発生しています。
広島県内では過去に感染による死亡例が報告されています。
平成28年4月、広島県北部保健所管内において「つつが虫病」の発生が続いています。
まずは、ダニ類にかまれないようにすることが重要です。
農作業や庭仕事、レジャーなど野外で活動する場合は皮膚の露出を避けた服装を心がけましょう。


相談窓口

広島県北部保健所 保健課(保健対策係)

電話(0824)63-5181  FAX(0824)63-5190


三次市福祉保健部 健康推進課(健康企画係)

電話(0824)62-6232  FAX(0824)62-6382


関連情報へのリンク

広島県ホームページ「マダニの感染症『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』に注意しましょう!!」

国立感染症研究所ホームページ「重症熱性血小板減少症候群とは」

厚生労働省ホームページ「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A」



お問い合わせ
部署名: 福祉保健部 健康推進課 健康企画係
電話番号: 0824-62-6232
FAX番号: 0824-62-6382
E-mail: kenko@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.