• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 

新型コロナウイルス感染症に対する三次市の今後の方針について(令和3年2月19日更新)


今後の本市における新型コロナウイルス感染症対策については、次のとおりです。

  三次市の今後の対応について   ※2月19日掲載



「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針」を踏まえた三次市の対応(令和3年2月22日から)

県内の感染状況は ステージⅠと判断されたものの、感染再拡大に繋がるリスクは依然として存在することから、 基本的な感染防止対策に加え、次の事項について協力を呼びかけます。

皆さまのご協力をお願いします


1.【感染リスクが高い地域との往来について】
感染リスクが高い地域との往来については、引き続き慎重に判断し、緊急事態宣言の対象地域との往来は最大限自粛してください。

2.【季節の各種行事等について】
(1) 卒業式・入学等ではマスク着用・換気・人との距離の確保を徹底してください。
(2)花見、歓送迎会等については、飲食を伴わない開催などを検討するとともに、会話の際マスク着用を徹底してください。

3.【誹謗・中傷・差別の禁止について】
感染者及びその家族、医療福祉関係者、外国人などに対して絶対に誹謗・中傷・差別をしないでください。

4.【詐欺や消費者トラブルについて】
感染症や生活への不安につけこんだ詐欺や消費者トラブルに遭わないように注意してください。(特に、コロナワクチン接種を装った手口)

 
 
※ 2月8日掲載

「第3次新型コロナ感染拡大防止集中対策」を踏まえた三次市の対応(令和3年2月21日まで)


現在、広島県の感染状況は、全県ではステージ2、広島市はステージ4相当からステージ2相当に改善しています。今後、社会経済活動を早期に回復させるため、引き続き集中的な感染拡大防止対策に取り組むこととします。

集中対策期間:令和3年2月8日(月曜日)から2月21日(日曜日)

市内における感染症患者の発生状況及び1月14日に新型コロナウイルス感染症広島県対策本部において決定された「第2次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」(以下、「集中対策」という。)を踏まえ、1月7日に開催した第23回会議での決定事項に加え、次の事項について協力を呼びかけます。


皆さまのご協力をお願いします


1.【感染拡大地域との往来について】
引き続き、緊急事態宣言の対象地域との往来については自粛をお願いします。また、国内の感染拡大地域との往来についても、慎重に判断をしてください。(広島市及び周辺市町は感染拡大地域の対象外となりました。

2.職場への出勤等の削減について】
事業所においては、テレワーク等の活用により、出勤者の割合または執務室内の定員5割削減を目標として、引き続き職場内の従業員等の削減に努めてください。


 
※ 1月15日掲載

「第2次新型コロナ感染拡大防止集中対策」を踏まえた三次市の対応

市内における感染症患者の発生状況及び1月14日に新型コロナウイルス感染症広島県対策本部において決定された「第2次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」(以下、「集中対策」という。)を踏まえ、1月7日に開催した第23回会議での決定事項に加え、次の事項について協力を呼びかけます。

次の事項について皆さまのご協力をお願いします


集中対策の期間(1月18日から2月7日)においては、人と人との接触を極力低減するため、通学や医療機関の受診等やむをえない場合を除き、外出機会の半分削減と外出時間の短縮に努めてください。
また事業所においては、テレワーク等の活用により、出勤者の割合又は執務室内の定員の7割削減を目標として、職場内の従業員等の削減に努めてください。

感染はマスクなしの会食等の場面で多く発生していることから、当面、家族以外との会食を避け、食事の時は極力会話せず、会話をするときはマスク(不織布マスクを推奨)を着用してください。

感染拡大地域等との往来について
 緊急事態宣言の対象地域との往来については、社会的機能の維持を目的とする場合や入学試験等の受験等、やむをえない場合を除き、原則として自粛してください。
 緊急事態宣言の対象地域以外の国内の感染拡大地域との往来については、引き続き慎重に判断してください。

感染防止対策の一層の徹底について
 普段の生活や事業所における基本的な感染防止対策について引き続き徹底してください。
 感染のリスクが高まる多人数での飲食などは特に注意し、不要不急の外出はできるだけ控えてください。
 風邪症状等がある場合は、すぐに医療機関に相談してください。

誹謗中傷等について
 市や県から公表される正確な情報を基に冷静に行動してください。
 困難な状況にある患者やその家族、医療関係者等に配慮し、誹謗中傷は言うまでもなく、いたずらな詮索や不確実な情報の流布は絶対に行わないでください。



「新型コロナ感染拡大防止集中対策」


令和2年11月下旬以降、広島市内を中心に新型コロナウイルスの感染者数は急増し、感染状況は県内全域にわたって拡大基調となっています。広島県によると、現状はステージ2であるが、広島市の感染者の新規報告数はすでにステージ4を超える状態にあります。このままでは県全体に感染が拡大し、県民・市民の命、健康、生活に大きな影響が及ぼされ、影響が長期化するリスクがあるとされています。




集中対策期間

令和2年12月12日(土曜日)から令和3年1月17日(日曜日)まで
※集中対策期間が延長されました。

集中対策期間の取り組み

 広島市と近隣市町(廿日市市、府中町、海田町、坂町)及び感染拡大地域との間での年末年始の帰省について、時期の変更などを検討してください。
 広島県の飛沫感染防止対策等に関する補助金や追加の支援制度の積極的な活用等により、店舗等における感染防止対策の徹底をお願いします。
 家庭内(同居)における感染事例も増加してきていることから、家庭内における感染防止策も強化してください。
 
家庭内における感染防止の実践例 (251kbyte)pdf

市民の皆様へのお願い

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次のことにご協力をお願いします。(県の対処方針3「県民に対する要請」より)

基本的な感染防止の徹底
  1. よく食べ・よく眠り・よく運動(体を動かす)など、健康の維持に努めてください。また、インフルエンザワクチンなどの予防接種や各種健診、その他、必要な通院は躊躇しないでください。
  2. 「3つの密」の徹底的な回避、体調管理、マスク着用、手洗い・咳エチケット、人と人との距離確保等を徹底し、十分な換気や適度な保湿を行ってください。
  3. 在宅勤務、時差出勤、自転車・徒歩通勤などにより、通勤時の人との接触を減らしてください。
  4. 発熱等の症状がある場合は、外出を控え、かかりつけ医や積極ガードダイヤル(受信・相談センター)に連絡し、身近な診療所などで受診してください。また、イベントへの参加や他の都道府県への移動を行わないでください。


積極ガードによる感染防止

  1. 会食などで飲店を利用する場合は、「広島積極ガード店」、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」などの店舗を利用してください。
  2. 広島コロナお知らせQR」の積極的な利用や接触確認アプリのインストールなど、デジタル技術を積極的に活用してください。
  3. これまで国内でクラスターが発生している施設において、5-(2)に基づく感染防止対策が実施されていない場合は、施設の利用を控えてください。
  4. 飲食店などにおいて大声で話したり、カラオケ、イベント、スポーツ観戦などで大声を出したりすることは控えてください。
  5. 参加者及びその連絡先が把握できない状態での大人数での会食や飲み会は避け、飲酒を伴う会食は「少人数・短時間で」、「なるべく普段一緒にいる人と」、「深酒・はしご酒などは控え、適度な酒量で」行ってください。
  6. 感染リスクが高まる「5つの場面」が具体的にどこにあるのかについて考え、注意力の低下や気の緩みなどによる感染リスクに注意してください。

他地域への移動、イベント等に係る感染防止
  1. 移動先の感染状況や都道府県が出す情報などを確認して、当該都道府県内のリスクが高い地域への移動や施設の利用は控えてください。とりわけ、当該都道府県が使用を制限している施設の利用は慎んでください。また、都道府県が住民に対して不要不急の外出自粛を要請している地域及び直近7日間の10万人当たり新規陽性者数が15人以上となっている地域への往来については、改めてその必要性を十分に検討し、慎重に判断してください。
  2. 屋内外を問わず、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等に参加しないでください。

積極的疫学調査への協力
  1. 感染例が発生した場合には、まん延を防止する観点から、保健所が実施する積極的疫学調査に協力してください。


誹謗中傷・差別の禁止
  1. 感染者・医療福祉関係者やその家族などを、絶対に誹謗・中傷・差別しないでください。


事業者に対する要請

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次のことにご協力をお願いします。(県の対処方針4「事業者に対する要請」より)

基本的な感染防止の徹底
  1. 「3つの密」の回避、発熱者等の事業所等への入場防止や、飛沫感染・接触感染防止等、人との距離の確保など、各職場にあった感染症防止対策を徹底してください。
  2. 飲食関連事業者などにおいては、ガイドラインなどに基づき、各店舗の実情に合った適切な感染予防対策を徹底してください。
  3. Web会議、テレワークの積極的な活用など出勤者数の削減に取り組んでください。また、出勤した場合にも、座席間の距離をとることや従業員の執務オフィスの分散などを促してください。
  4. 出勤する従業員に対して、時差出勤、自転車・徒歩等による出勤を促してください。
  5. 従業員が体調不良を訴えた場合、休暇の取得と速やかな医療機関への受診を促してください。
積極ガードによる感染防止
  1. 飲食関連事業者などにおいては、感染予防対策を徹底した「広島積極ガード店」、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」として宣言してください。
  2. 広島コロナお知らせQR」や接触確認アプリなどのデジタル技術を積極的に導入してください。特に飲食店においては、「広島コロナお知らせQR」のQRコードを設置して利用者の登録を促してください。
  3. 従業員に対し、会食などで飲食店などを利用する場合は、「広島積極ガード店」、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」などの店舗を利用するよう促してください。また、飲食店などにおいて大声で話したり、カラオケ、イベント、スポーツ観戦などで大声を出したりすることは控えるよう促してください。
  4. 店舗や職場など、感染リスクが高まる「5つの場面」が具体的にどこにあるのかについて考え、業種別ガイドラインを確実に実践するとともに、十分な換気や適度な保湿を行ってください。
他地域への移動、イベント等に係る感染防止
  1. 移動先の感染状況や都道府県が出す情報などを確認して、当該都道府県内のリスクが高い地域への移動や施設の利用は控えてください。とりわけ、当該都道府県が使用を制限している施設の利用は慎んでください。また、都道府県が住民に対して不要不急の外出自粛を要請している地域及び直近7日間の10万人当たり新規陽性者数が15人以上となっている地域への往来については、改めてその必要性を十分に検討し、慎重に判断してください。
  2. 別紙2「イベントの開催条件」 (1,074kbyte)pdfに該当するものを除き、屋内外を問わず、大勢の者が参集し、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等の開催を自粛してください。
積極的疫学調査への協力
  1. 感染の恐れのある者を特定できない場合には、まん延を防止する観点から、施設名を自ら公表して利用者に検査や受診を呼びかけること等に協力してください。
※「新型コロナウイルス感染症が発生した場合における情報の公表について(補足) (1,095kbyte)pdf」(令和2年7月28日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)に沿って、クラスターなど感染者が発生し、感染経路の追跡が困難な場合は、感染拡大防止の観点から店舗名を公表する。また、業種別ガイドラインによる感染防止策が適切に講じられていなかったことが感染の要因であると考えられるときは、その旨を公表して感染防止策の徹底を促す。


三次市主催のイベント及び施設利用の取り扱いについて

「広島県の対処方針5「施設の使用制限及び催物の開催の停止の協力要請」に準じて取り扱います。なお、指定管理者に対してもこの旨を連絡し、県の対処方針の徹底を要請します。

イベントの開催条件
業種ごとに業界団体が策定した感染拡大防止ガイドラインの遵守や「感染防止対策」を講じることを前提に、参加人数(人数上限、収容率要件)を目安として、イベント等を開催することができます。
なお、今後の感染状況等により、取扱を見直すことがあり得るので留意してください。

イベント等の人数上限、類型ごとの収容率要件などは、「別紙2 イベントの開催条件(1,074kbyte)pdf」のとおりですが、全国的な人の移動を伴うイベント又はイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合には、所定のチェックリストにより、県に事前相談してください。
また、当該イベントにおいてクラスターが確認された場合には、防止対策の実施状況について報告を求めます。

施設の使用条件
施設の使用にあたっては、皆様が安心して利用できるよう、「新しい働き方様式」の活用と、業界団体や県が策定したガイドライン・感染防止対策の徹底をお願いします。

なお、次の施設については、これまで国内でクラスターが発生するなどのリスク高さを鑑み、上記対策の徹底に加えて、引き続き次の取組への協力をお願いします。

  • 感染症患者が発生した場合に備え、施設利用者の利用状況及び連絡先の把握・管理をすること。
  • 施設従事者及び利用者から感染症患者が発生した場合には、保健所が実施する積極的疫学調査に協力すること。
  • 感染の恐れのある者を特定できない場合には、まん延を防止する観点から、施設名を自ら公表して、利用者に検査や受診を呼びかけること等に協力すること。
区分 対象施設
運動、遊戯施設スポーツクラブなどの運動施設
遊興施設等キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、ダーツバー、パブ等、カラオケボックス・カラオケ喫茶、ライブハウス、風俗等に関する営業

食事提供施設
食事提供施設の状況は多様で、一律の対策をあてはめることは困難であることから、次の取組への協力をお願いします。
  1. 専門家の意見を得ながら科学的知見に基づいて開発した「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全対策シート (21kbyte)doc」を活用して、店舗ごとの実情にあった対策を選択・策定し、速やかに実行してください。策定した対策は定期的に見直していくことが望ましいです。
  2. 広島積極ガード店」、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の取組を活用して、自主的な感染予防対策を見える化し、利用者の安心感の向上に努めてください。
  3.  「広島コロナお知らせQR」を積極的に活用して、施設にQRコードを掲示し、利用者への登録を呼び掛けることで、利用者の安心・信頼感の向上に努めてください。



関連リンク


お問い合わせ
部署: 福祉保健部 健康推進課 健康企画係
電話番号: 0824-62-6232
FAX番号: 0824-62-6382
E-mail: kenko@city.miyoshi.hiroshima.jp
部署: 危機管理監 危機管理課 危機管理係
電話番号: 0824-62-6116
FAX番号: 0824-62-2951
E-mail: kikikanri@city.miyoshi.hiroshima.jp
PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.