• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


議長交際費の支出基準


1.目的

三次市議会に対する市民の理解と信頼を深めることを目的として、交際費について、支出基準を定めることにより、公平かつ公正な執行を図るものとする。


2.支出の相手方

交際費は、三次市議会と直接関係するもの、市政について顕著な功績があったもの、災害又は事故等にあったもの、その他議長が特に必要と認めるもので、社会通念上妥当と認められるものに対して支出できるものとする。


3.支出区分

交際費の支出の区分は次のとおりとする。

  1. 儀礼的経費
    慶事、見舞、弔事等に係る儀礼的な経費
  2. 社交的経費
    各種会合等に出席する際の会費、その他の社交に必要な経費
  3. 上記に掲げる経費以外で、これに準ずる経費

4.支出基準額

下記のとおりとする。それ以外の事案が発生したときは、社会通念上妥当と認められる範囲内の金額とする。


交際費の支出基準
区分 対象者等 金額
弔事1)市議会議員1万円
2)市特別職、市職員本人1万円以内
3)元議会議員、市議会議員配偶者5千円
4)行政委員その他公職者5千円
見舞1)病気見舞(近隣議長・市議会議員・市長・市関係機関代表者等)5千円から1万円
2)災害見舞(火事、災害等)1万円以内
(他都市における災害見舞金はこの限りではない)
慶事1)叙勲・褒賞(市民・市ゆかりの者が受章し、祝賀会等が開催される場合)1万円以内
2)就任・激励(中国市議会議長会の議長・近隣市町村議長・市町村長等)生花及び祝電
(生花は議長協議)
3)落成式(県・市町村等公共団体の行事は対象外)1万円以内
4)総会・祝賀会・懇談会・行事等のお祝い(会費を伴う場合を除き、市が補助金を交付する行事等は対象外)5千円
5)激励祝金
市議会に関わる各種団体の大会
トロフィー等
会費会費を必要とする会合等への参加等に係る支出会費相当額
その他市政運営上必要な交際に要する経費として、議長が特に認めるもの(広告料・土産等・その他)社会通念上妥当と認められる額

※この基準は、平成25年4月1日から施行する。


5.その他

この基準は、社会経済状況の変化等に十分配慮し、市民感覚と合致したものになるよう、適正な予算の執行のため適宜見直しを行うものとする。


PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.