• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


更新日: 2018年8月24日 (15時30分)

三次市被災住宅補修工事費補助制度

平成30年7月豪雨により被災した市民等の住宅の補修工事の経費に対して支援することにより、一日も早い市民生活の平常化を図ることを目的として補助を行います。


補助対象者

平成30年7月豪雨により、三次市内において自己の居住の用に供する住宅が「一部損壊(り災状況が床下浸水のみのものを除き、家屋に損壊があるものに限る)」または「半壊」以上の被害を受けた旨のり災証明書の交付を受けた被災者又はその家族


補助対象要件

  1. 被災住宅を原状に復するために行う、躯体、内装、建具、給排水設備及び電気設備の修繕工事の経費が対象となります。
  2. 被災者生活再建支援法に基づく支援を受ける(予定も含む)被災者は、補助対象となりません。
  3. 被災住宅に対する保険給付や災害救助法の適用を受ける応急修理(※)がある場合は、補助対象経費からそれぞれの金額を除いた後の金額が10万円未満の場合は、補助対象となりません。
  4. 原則として、補助金交付決定の日から起算して6月以内に完了する補修工事を対象とします。
  5. 被災者が属する世帯員全員が、補助金の交付申請時に納付すべき納期限の到来した市税及び料等を完納していることが必要です。

※次のいずれにも該当する補修工事は、災害救助法に基づく応急修理の適用を受ける場合があります。
 1)現在、別の住宅に一時的に避難している方で、補修工事をすれば帰ることができる方
 2)まだ補修工事に着手されていない方


補助率及び補助金額

補助率は補助対象経費の2分の1(1千円未満の端数は切り捨て)で、補助金の上限額は50万円です。

申請期限

2021年8月4日(水曜日)まで

受付窓口・時間

受付窓口

三次市役所福祉保健部社会福祉課(本庁本館2階)

受付時間

平日8時30分から17時15分まで

その他

この制度が創設される前に補修工事に着手している被災者で、その補修工事の内容が本制度の趣旨に合致するものについては、この制度に基づく補修工事とみなして補助の対象とします。

お問い合わせ
部署: 福祉保健部 社会福祉課 社会福祉係
電話番号: 0824-62-6146
FAX番号: 0824-62-6285
E-mail: fukushi@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.