広島県三次市
 
English中文簡体中文繁体Korean携帯サイトサイトマップ
文字拡大文字標準文字縮小
ホーム
暮らしの情報
産業の情報
市政の情報
現在地
現在位置:ホームの中の市政の情報(行財政運営)の中の定住情報からUターン者のための実家・店舗への改修支援について

各部署の業務・お問い合わせ
施設案内
申請書ダウンロード
各種補助金・支援事業


Uターン者のための実家・店舗への改修支援について

 
 制度概要
Uターン者が定住の意思をもって市内の実家(本人又は2親等以内の親族が所有する家)に転入するために実家の改修を行った場合、実家の改修に要する経費の一部を補助します。(Uターン者の生活の用に供する部分が対象になります。)

※平成28年4月1日から家業を継ぐためのUターン者へも支援を拡充
Uターン者が定住の意思をもって市内の実家の家業を継ぐために転入し店舗の改修を行った場合は店舗の改修に要する経費の一部も補助します。
 実家にUターンし、家業を継ぐ場合:実家と店舗の改修に要する経費の一部を補助
 実家以外(市内の賃貸物件等)にUターンし、家業を継ぐ場合:店舗の改修に要する経費の一部を補助
 
 三次市Uターン者住宅・店舗改修事業補助金交付要綱  (159KB) pdf


 補助金の額 

区分補助額補助金の上限等
実家の改修を行なった場合改修に要した費用の2分の1以内の額
※Uターン者の世帯内に小学生以下の者がある場合
 要した経費の3分の2以内の額
100万円
実家と店舗の改修を行った場合改修に要した費用の2分の1以内の額
※Uターン者の世帯内に小学生以下の者がある場合
 要した経費の3分の2以内の額
150万円
店舗の改修を行なった場合改修に要した費用の2分の1以内の額100万円


  
 用語の定義
Uターン者市外へ4年以上居住した後、市内の実家等へ定住の目的をもって転入する方(市外へ4年以上居住後、市内の実家等へ同様の目的をもって転入して1年を経過していない方を含む。)をいいます。
実家等Uターン者またはUターン者の2親等以内の親族が所有権その他の権利(以下「所有権等」という。)を有する市内の一戸建ての家屋および附属建物をいいます。
家業Uターン者又はUターン者の2親等以内の親族が所有権等を有する店舗において,Uターン者の2親等以内の親族が営む日本標準産業分類(平成19年総務省告示第618号)に定める分類のうち,下表に掲げる分類の業種をいう(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)の適用を受ける店舗や公序良俗に反する店舗は除く。)。

大分類中分類小分類
卸売・小売業
宿泊業、飲食サービス業
生活関連サービス、娯楽業78 洗濯・理容・美容・浴場業
教育、学習支援業82 その他の教育、学習支援業
医療・福祉業83 医療業835 療術業

 
 交付対象者(次のすべてに該当する方)
 実家等の所有権等を有する方で、Uターン者またはUターン者のために改修しようとする方。
  ただし、店舗を改修する場合は、Uターン者が三次商工会議所又は三次広域商工会の経営指導等を受けていること。
 世帯全員が補助金の交付申請時に納付すべき納期限の到来した市税・料を完納していること。
  ただし、申請時に実家等の所有者が市外に居住している場合は、申請時に住所のある市区町村においても完納していること。
 世帯全員が、三次市暴力団排除条例(平成23年三次市条例第18号)第2条第2号または第3号に規定する暴力団員等でないこと。
 補助金の交付を受けようとする実家等の改修経費について、国、県その他公共団体又は財団及び本市の他の制度等から補助金や
 交付金の対象経費となっていないこと。また、過去に同様の補助金や交付金を受けていないこと。


 交付対象要件 
 実家・店舗の所有権等を有する者で、Uターン者のための改修であること。
 改修は、次の内容であること。
区 分内        容
改築工事実家等の本体の一部を取り壊し建築する工事やそれに伴う設備の導入または交換工事
修繕又は模様替え実家等の本体の修繕又は模様替え及びそれに伴う設備の導入又は交換工事
(店舗の場合は、屋外広告物(看板・サイン類)の製作及び設置工事を含む。)
外壁塗装工事実家等の本体の外壁塗装工事(仕上材の張り替えを含む。)
増築工事1.実家等の床面積を増加させる工事やそれに伴う設備の導入または交換工事
2.前項に伴う実家等の本体の一部を取壊し、建築する工事、修繕、模様替えや外壁塗装工事
 補助対象事業に要する経費(消費税および地方消費税相当額を除く。)の総額が20万円以上であること。
 補助金交付決定を受けた日以後に実施し、かつ、交付決定を受けた年度内に改修を完了し、住民登録を行うこと。
 改修の施工業者は、建築関連業者であって、市内に主たる事業所および住所を有する個人、または市内に登録されている本店を有する
  法人であること。

※以下の工事は補助金の対象となりませんのでご注意ください。
  公共工事の施行に伴う補償の対象となる工事
  新築工事
  解体のみの工事
  門扉、塀、溝等の外構工事
  据置式倉庫、カーポート等の修繕又は取付工事
  什器、備品類の購入費用
  設備の取替えのみの工事
  その他補助金の交付が適当でないと市長が認める工事及び費用


 申請方法
三次市Uターン者住宅・店舗改修事業補助金交付申請書(様式第1号)に、次の書類を添付して、定住対策・暮らし支援課に提出してください。
詳しくは次のマニュアルを
ご覧ください。申請者は当該物件の所有者になります。
  マニュアル①(実家を改修する場合) PDF(212kbyte)pdf
  マニュアル②(住宅と店舗を改修する場合)PDF  (248kbyte)pdf
  マニュアル③(店舗を改修する場合)PDF (242kbyte)pdf

  三次市Uターン者住宅・店舗改修事業補助金交付申請書(様式第1号) 
PDF (85KB)pdf WORD (28KB)doc
   ※WORDファイルは、いったんパソコンに保存してからご使用ください。

  【添付書類】
   ⑴ 改修に関する詳細な見積書
   ⑵ 工事概要のわかる平面図
   ⑶ 改修箇所の現況写真
   ⑷ Uターン者予定者の世帯全員の住民票
   ⑸ 住民登録確約書   PDF  (74KB)pdf WORD (25KB)doc 
   ⑹ 申請者・Uターン予定者の滞納がないことの証明書
    ⑺ 申請要件および補助金返還確認書兼誓約書 PDF (86KB)pdf WORD (28KB)doc
   ⑻ 申請者の固定資産課税台帳(名寄せ)等
   ⑼ 店舗を改修する場合の経営等証明願
         三次商工会議所用 PDF (50KB)pdf WORD (24KB)doc 三次広域商工会用 PDF (50KB)pdf WORD (24KB)doc  
   ※改修の内容によっては、補助金の対象にならない場合がありますので事前にご確認ください。
   ※WORDファイルは、いったんパソコンに保存してからご使用ください。


【その他様式】
 三次市Uターン者住宅・店舗改修事業補助金変更申請書 
PDF (73KB)pdf WORD (25KB)doc
 三次市Uターン者住宅・店舗改修事業補助金実績報告書 PDF (60KB)pdf WORD (20KB)doc
 三次市Uターン者住宅・店舗改修事業補助金請求書    PDF (61KB)pdf WORD (20KB)doc




 その他の支援
 公共下水道や農業集落排水への接続ができない地区で合併浄化槽を設置する場合 小型浄化槽設置整備事業補助金
 個人用住宅に住宅用太陽光発電を設置する場合 住宅用太陽光発電システム設置事業補助金






お問い合わせ
部署名: 地域振興部 定住対策・暮らし支援課 定住対策・暮らし支援係
電話番号: 0824-62-6129
FAX番号: 0824-62-6235
E-mail: teijyu@city.miyoshi.hiroshima.jp

前のページに戻る | ↑ページの先頭へ

PDFファイルを表示させるには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード

このウェブサイトについて : リンク・著作権 / プライバシー・ポリシー 

三次市役所 〒728-8501 広島県三次市十日市中二丁目8番1号 地図
TEL 0824-62-6111(代表) FAX 0824-62-6137(代表)
※市政に対するご意見やご提案、お問い合わせなどは、「市民のポスト
 送信フォームをご利用ください。

Copyright (C) 2013 Miyoshi City. All Rights Reserved.