• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


更新日: 2018年5月10日

三次市第8期高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画(平成30年度から平成32年度)


計画の趣旨

第7期高齢者保健福祉計画・第6期介護保険事業計画(平成27年度から平成29年度)において、地域包括ケアの推進に重点を置き、保健・医療・介護が連携し、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていける地域包括ケアシステムの構築を進めてきました。今計画においては、平成37年を見据えて、地域包括ケアシステムを深化・推進させ,高齢者の自立支援や重度化防止等に向けた取組を行うことが求められており、前期計画の基本理念や重点施策を引き継ぎ、さらなる充実を図ることで、高齢者が生きがいを感じ安心して生活を続けることができるように、高齢者の暮らしを地域全体で支える地域共生社会の確立に向けて、今後の3年間に実施する取組などを策定しました。


基本理念

「この住み慣れた地域で、しあわせを実感しながら住み続けられるまち みよし」


重点施策

  1. 地域包括ケアの深化・推進
  2. 認知症対策の充実
  3. 持続可能な介護保険制度の運営
  4. 高齢者の安心確保と活動の場づくりの推進

三次市第8期高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画

概要版


一括ダウンロード


分割ダウンロード



お問い合わせ
部署: 福祉保健部 高齢者福祉課 介護保険係
電話番号: 0824-62-6387
FAX番号: 0824-63-2809
E-mail: koureisha@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.