• 背景色
  • 文字サイズ
  • 文字拡大文字標準文字縮小
 


熱中症を予防しよう!

7月から9月は熱中症の発生が多くなります。熱中症は、適切な対応により防ぐことができます。
熱中症になると、体内の水分や塩分バランスが崩れたり、体温調節機能がうまくいかないことにより、頭痛・めまい・吐き気・倦怠感などの症状が生じます。
また、重症になると意識障害やけいれんが起きることもあります。

こんな日は熱中症に注意しましょう

  • 気温が高い日
  • 湿度が高い日
  • 風が弱い日
  • 急に暑くなった日

熱中症にならないために

熱中症の予防には「水分補給」「暑さを避けること」が大切です。
  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。
  • 外出時は帽子をかぶる、日傘をさすなど直射日光に当たらないようにしましょう。
  • こまめに休息をとりましょう。
  • 中症は室内においても発生します。エアコンや扇風機の利用、こまめな換気により部屋の風通しを良くするようにしましょう。

熱中症かな?と思ったら

  • 風通しのよい日陰や、できれば冷房の効いた室内に速やかに移動しましょう。
  • 衣服をゆるめて、体から熱の放散を助けましょう。
  • 冷やしたタオル等があれば、首やわきの下、足の付け根に当てて、体を冷やしましょう。
  • 自分で水が飲める場合は、水分補給をしましょう。

広島県ホームページ気を付けていますか!?熱中症予防(広島県ホームページ)
広島県ホームページ熱中症予防情報サイト(環境省)

お問い合わせ
部署名: 福祉保健部 健康推進課 健康企画係
電話番号: 0824-62-6232
FAX番号: 0824-62-6382
E-mail: kenko@city.miyoshi.hiroshima.jp

PDFファイルを表示させるにはAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード
前のページに戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Miyoshi City. All Rights Reserved.