広島県三次市
 
English中文簡体中文繁体Korean携帯サイトサイトマップ
文字拡大文字標準文字縮小
ホーム
暮らしの情報
産業の情報
市政の情報
現在地
現在位置:ホームの中の暮らしの情報(コミュニティ)の中の三次町活性化事業


各部署の業務・お問い合わせ
施設案内
申請書ダウンロード
各種補助金・支援事業

三次地区のまちづくりを考える会

三次地区は、三次市の中でも歴史と文化を感じさせる魅力的な観光資源を抱えた地域です。例えば三次本通りでは「卯建(うだつ)の似合う町」をキャッチフレーズに、石畳や小路の整備、電線の地中化を行い、歴史的な町並みを再現しています。また、尾関山に咲き誇る桜や真っ赤に染まる紅葉は、見る人に感動すら与えます。
しかしながら、他地域への大型店舗の進出により買い物客が減少し、少子高齢化によって町の空洞化が進んでいます。
平成26年度に全線開通予定の中国横断自動車道尾道松江線のインターチェンジが四拾貫町にできることをきっかけに、三次地区の魅力をもっとアピールし、市外からの集客性を高めることで、三次地区に活気を取りもどし、三次市全体の活性化につなげることを目標に、今、魅力のある心地よいまちづくりを進めるための取り組みを行っています。


 魅力ある観光資源
江の川の桜土手
江の川の桜土手
尾関山の紅葉
尾関山の紅葉
三次人形
三次人形
三次本通り
三次本通り

三次地区のまちづくりを考える会の発足

平成23年10月26日、三次地区自治会連合会を構成する各種団体の代表者により、「三次地区のまちづくりを考える会」を発足させ、以来開催したワークショップは10回を数え、まちづくりの目標と方向性の策定に取り組みました。



ワークショップの開催



まちづくりを考える会の便りを発行

三次地区のまちづくりを考える会で話し合っている内容を、便りにして三次地区の全戸へ配布しました。

三次地区のまちづくりを考える会便り第1号PDFデータ(PDF2.49MB)
三次地区のまちづくりを考える会便り第2号PDFデータ(PDF846KB)
三次地区のまちづくりを考える会便り第3号PDFデータ(PDF753KB)
三次地区のまちづくりを考える会便り第4号PDFデータ(PDF536KB)
三次地区のまちづくりを考える会便り第5号PDFデータ(PDF1.76MB)
三次地区のまちづくりを考える会便り第6号PDFデータ(PDF349KB)


まちづくりの目標と方向性の策定

ワークショップでの議論を整理して、三次地区のまちづくりの目標と方向性を会全体で話し合い、確認し合いました。

三次地区のまちづくりの目標と方向性PDFデータ(PDF2.39MB)


三次地区まちづくり具体化検討会議

考える会でつくりあげた「まちづくりの目標と方向性」に向かって、次の4つのプロジェクトに分かれてまちづくりの具体的な計画をつくるグループワークに取り組みました。

  プロジェクト名
1 “景観・美観”プロジェクト
2 “回遊性の向上”&“情報収集・発信”プロジェクト
3 歴史・文化・芸術の“保全・伝承”プロジェクト
4 “きんさい(おもてなし)”プロジェクト


まちづくり行動計画の作成

すぐに取り組めることは実行に移し、概ね3年までを目安に計画を立てていきました。

まちづくり行動計画!PDFデータ (PDF8.23MB)

行動計画は今後も引き続いて検討を行いながら、随時更新していきます。


比熊山の登山道や江の川河川敷の整備、古写真や古地図の収集など、すでに取り組んでいる事業もあります。

比熊山登山道整備
   比熊山登山道整備
江の川河川敷整備
   江の川河川敷整備

具体化検討会議で話し合った内容も、便りで三次地区の全戸に配布しました。

三次地区のまちづくりを考える会便り7号PDFデータ (PDF1.16MB)


三次市文化会館の跡地利用の検討

平成25年3月11日、「三次地区のまちづくりを考える会」を構成する団体の代表者に集まっていただき、三次市文化会館の跡地利用について、市の整備方針を説明し、意見交換を行いました。


市の跡地利用の基本的な考え方として

◇跡地の位置づけは
1.三次地区のまちづくりの目標と方向性に即し、様々なまちづくりの取り組みを活かす役割を担う拠点とする。
2.三次地区における歴史・伝統文化等の魅力の集積を生かし、市全体へ観光交流集客を広げる強い駆動力としての役割を果たす拠点とする。

◇跡地利用の前提は
1.住民自治活動は三次コミュニティセンターを拠点とする。
2.現文化会館の建物は解体撤去することを基本とする。


◇これらのことを念頭に置いて、当日確認されたことは
1.「三次地区のまちづくりを考える会」として跡地利用について議論する。
2.まちづくりの目標と方向性に基づいて、跡地において必要と考える役割と機能を整理する。
3.会全体で跡地が担うべき役割・機能と拠点整備のコンセプト(概念)を「基本構想(案)」としてまとめる。
4.まとまった基本構想(案)を三次地区の住民へ周知し、会としての「基本構想」を決定する。
5.市は基本構想に基づき跡地利用のあり方および拠点整備の「基本計画(案)」を作成し、会と意見交換する。
6.市は基本計画(案)について市民パブリック・コメント等を実施するなどしたうえで「基本計画」を決定する。
ということです。



跡地利用検討のワークショップ開催

平成25年7月3日から、三次市文化会館の跡地利用の検討にかかるワークショップを始めました。
ワークショップの開催日と検討した内容は次のとおりです。

  開催日 検討内容
1 平成25年7月3日跡地に求める機能・役割の検討
2 平成25年8月7日導入機能・基本コンセプトの検討
3 平成25年8月27日導入機能・基本コンセプトの検討
4 平成25年10月24日土地利用・施設の配置ゾーニングの検討
5 平成25年12月16日基本構想(案)の検討
6 平成25年12月26日基本構想(案)の確認

 ワークショップの経過と様子PDFデータ(PDF251KB)

6回にわたるワークショップによって、三次市文化会館の跡地利用および拠点整備の基本構想(案)をまとめ、三次地区のまちづくりを考える会全体で確認しました。

ワークショップの中で出された主な意見や、文化会館跡地に整備する拠点施設に導入すべき機能について、概要を「三次地区のまちづくりを考える会便り第8号」として三次地区の全戸へ配布し、ご意見を伺いました。

三次地区のまちづくりを考える会便り第8号PDFデータ (PDF709KB)


三次市文化会館の跡地利用および拠点整備の基本構想の決定

いただいたご意見を参考にして、三次地区のまちづくりを考える会としてまとめた基本構想は次のとおりです。

三次市文化会館の跡地利用および拠点整備の基本構想PDFデータ (PDF4,507KB)


三次地区拠点整備基本計画の策定

三次市はこの基本構想を受けて、「三次地区拠点整備基本計画(検討中の素案)」としてまとめ、三次地区のまちづくりを考える会の皆さんと意見交換を行いました。素案の概要や意見交換会で出された意見、市の考え方を「三次地区のまちづくりを考える会便り第9号」として発行しました。

三次地区のまちづくりを考える会便り第9号PDFデータ (PDF2,410KB)

三次地区のまちづくりを考える会の皆さんと2回の意見交換を行い、そこで出された意見を参考に「三次地区拠点整備基本計画(案)」として、平成26年9月19日から10月10日までの間、市広報や市ホームページを通じてパブリック・コメント(意見公募)を行いました。結果は次のとおりです。



パブリック・コメントの結果を受けて、三次市文化会館の跡地利用について「三次地区拠点整備基本計画」として策定しました。


三次地区拠点整備基本計画PDFデータ (PDF9,405KB)
三次地区のまちづくりを考える会便り第10号PDFデータ (PDF946KB)

今後は「三次地区拠点整備基本計画」にもとづいて、三次地区拠点施設の整備を進めていきます。



三次地区拠点施設 住民説明会

現在、三次市文化会館跡地利用として進めています三次地区拠点施設について、住民説明会を開催します。

説明会について詳しくはこちら


お問い合わせ

〒728-8501
三次市十日市中二丁目8番1号

部署: 地域振興部 地域振興課 地域づくり係
電話番号: 0824-62-6395
FAX番号: 0824-62-6235
E-mail: chiiki@city.miyoshi.hiroshima.jp

前のページに戻る | ↑ページの先頭へ

PDFファイルを表示させるには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は、右のボタンをクリックしてください。無償でダウンロードできます。
アドビリーダーのダウンロード

このウェブサイトについて : リンク・著作権 / プライバシー・ポリシー 

三次市役所 〒728-8501 広島県三次市十日市中二丁目8番1号 地図
TEL 0824-62-6111(代表) FAX 0824-62-6137(代表)
※市政に対するご意見やご提案、お問い合わせなどは、「市民のポスト
 送信フォームをご利用ください。

Copyright (C) 2013 Miyoshi City. All Rights Reserved.